バーコードシンボルの種類・基礎知識 このページを印刷する

自動認識は、データ伝達のスピードアップに欠かせない技術です。

主な一次元シンボル

コード名 特徴 主に使用されている業界
JANコード 標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類があります。 日本の共通商品コード
NW-7 (CODABAR) 数字、特殊記号、スタート・ストップコードで構成されます。 宅配便、図書館、会員カードなど
CODE39 英数字、特殊記号で構成されます。 製造業はじめ広く利用
CODE128 アスキーコード128文字を始めとする英数文字全てが利用できます。 製造業、商品流通分野など
GS1-128 CODE128にアプリケーション識別子が付与されたコードです。 医療材料、医薬品、料金収納など

主な二次元シンボル

コード名 特徴 主に使用されている業界
QRコード QRは、Quick Responseの略。
国内で最も普及している2次元シンボル。英数字4,464字、漢字1,888字までの情報量が記録できます。

QRコード情報

製造業はじめ広く利用
PDF417 2,000バイトまでの情報量が記録できます。 製造業、商品流通分野など
MAXI CODE 仕分け、追跡管理に適するように設計されています。 物流用仕分シンボル
データマトリックス 日本では「データコード」と呼ばれています。
2,000バイトまでの情報が記録でき、かつ小型化できます。
電子部品など小物部品のマーキング

PAGE TOP