窓口サービスの充実  視覚障害者 支援システム このページを印刷する

視覚障害者にも親切な窓口づくりをお手伝い

  点字と墨字を同時印刷する「点字印刷システム」をはじめ、文書を液晶画面に拡大表示する「拡大読書器」など、視覚障害者や高齢の方の手助けとなる機器類をご用意しています。  

通帳などの取引内容を点字でお知らせする「点字通帳・明細書」の作成に便利な点字印刷システムをはじめ、書類などを大きく見る拡大読書器などをご利用いただくことで、行政機関や金融機関・病院などの窓口サービスが充実します。
 



《点字印刷システム》

点字と墨字の併記により、点字知識の無い方でも内容を把握し、目の不自由な方とのコミュニケーションが容易になります。
通帳内容の点字化など、すでに金融機関などで採用されています。また料金の請求でも、携帯電話会社・クレジット会社などで使用され、ユニバーサルサービスが行なわれています。
点字プリンタは、[DOG-Multi](日本テレソフト製)となります。



《携帯型拡大読書器 ペブル(日本テレソフト製)》

拡大読書器は、手元に置いた本や文書などを液晶画面に拡大する電子拡大鏡です。弱視や色覚障害のある方が手軽に資料を読むことが可能です。また、書類記入の補助器としても活用でき、高齢者にも便利です。



《拡大読書器 アクロバットHD(日本テレソフト製)》

高解像度カメラにより、近くのものから遠くのものまで美しく鮮明な拡大画像を表示します。カメラを回すことで、望遠や鏡としても使用できます。
また、コンパクトサイズで場所をとらず、持ち手があるので移動も簡単です。
その他スライド可能なアーム、傾けられる画面、340度回転するカメラで、多様な使い方が可能です。


※本サイト内に記載されている会社名及び製品名は、各社の登録商標または商標です。
 

関連情報

PAGE TOP