農業向け情報管理システム[agis(エイジス)生育管理システム]

小林クリエイトは、長年自動車製造を中心とする工業系製造業関連の企業様に対し、現場の生産物流情報に関する業務改善提案に取り組んでまいりました。
このノウハウは「強い農業・攻めの農業」へと変革していく農業界においても有効ではないかと考え、ひとつの改善手段として「agis:エイジス」を開発いたしました。
そこで、同環境で運用している自社機能性野菜工場においてもこの「agis」を利用することで、機能のトライアンドエラーを繰り返し、より農業独自の思想や生産方法を盛り込んだシステムとして発展させるだけでなく、自社においても少人数での製造・出荷品質の作り込みを実現しています。

agis生育管理システムのコンセプト

栽培の要となる経験・勘・ノウハウを、確かなデータで分析・継承したい

生ある農産物の栽培の要となるのは愛情と粘り強い丁寧な作業、そして長年の経験と勘とお聞きします。
それぞれの人の中に培われる経験と勘をより高め働かせるためには、確かな検証が求められます。栽培工程での作業履歴を細かく正確に捉え、データを分析することで、生産性を高めると同時に、より精度の高い経営指標を導き出していきたいと考えています。

栽培の要となる経験・勘・ノウハウを、確かなデータで分析・継承したい

目指す循環イメージ

目指す循環イメージ

この改善活動を継続的に実施し、
その精度・効率を高めていくことが大切です。

  • 工程マスタの設定

    改善度合いや規模に合わせた、作業(栽培)工程を設定します。
    工程を分割すればするほど、管理量は多くなりますが、改善すべきネック工程が明らかになり易くなります。

  • さりげなく正確にデータ収集

    作業履歴を細かく収集することは、結構面倒な作業です。
    作業性を考慮しないシステム化は現場に定着せず、その結果で得られたデータにも信憑性がなく利用されにくくなります。
    そこで、バーコード・二次元コード・RFIDなどを使った手軽で効率的なデータ収集により、作業習慣として定着できる仕組みが求められます。

  • データを共有する

    こうして得られた栽培工程毎でのデータ(実績収集)により、管理ロット単位で作業進捗や生育状態が正確に把握できるようになります。
    これらのデータは、「個」で管理せず「集約」することで、つながりのある戦略データとなります。

  • データを分析する

    さらに、これらの収集されたデータにて、未来の予測と過去の振り返りを行います。
    現状、長年の経験と勘+思い込みが混じった「予測・分析」作業を、コンピュータシミュレーションで支援します。
    これにより、カンコツ世界+データ分析による、より精度の高い経営指標を導き出すことができます。

この情報共有は、以下の3つの場面において効果を発揮します。

  • ○自社圃場において

    • 収量、収率の良し悪しの分析
    • 刻々と変化する環境による週間作業計画のリスケジュールという労働力再配分
    • 若年就農者へのノウハウ継承、人材育成
  • ○作業委託をしている協力会社や自社他拠点において

    • 生産指示と生産実績の情報共有
    • 拠点間の在庫移動タイミング把握
  • ○受注拠点と生産拠点において

    • 受注量や生産量の計画修正
    • 農繁期における人員配置
    • 受注センター及び生産管理センターでのモニター機能

栽培現場や管理者の現風景

圃場の周りでは、当日の栽培予定の確認から栽培・観察記録など様々な管理資料が溢れています。
しかし、手書き情報のままでは、何かあったときに見返すことはあっても、収率向上や原価低減という作業改善のための分析にはまだまだ使われていないことが多いようです。

agis生育管理システムの機能

製造業のノウハウを取り入れ、農産物の栽培現場で検証を進めた機能です。
栽培現場での作業履歴収集機能とオフィスでの見やすく扱いやすい管理機能とで構成されています。

agis生育管理システムの機能

手軽で確かな作業実績収集

これまで台帳への手書き記入が多かった作業実績の収集を改善

ハンディターミナル機能

日常作業に即した実績収集系の機能がポータブルで利用できます。
作業(実績収集)の属性毎に処理を分け、処理を指定するだけで必要な作業が簡単に登録できます。

ハンディターミナル機能

見やすく扱いやすい管理機能

これまで手間が掛かっていた集計や分析を改善

日常処理

施設環境データや気候データなどの環境データを日に1-2回パソコンにて入力する機能です。
※環境制御機器や液肥調合器との直接接続(M2M)によるデータ収集も可能な場合があります。

日常処理

照会機能

作業の遅れ進みや現場状況を視覚的に照会することができます。

照会機能

履歴機能

作業や観察の実績を累積された履歴データとして照会できます。

履歴機能

シミュレーション機能

過去の分析と未来の予測を数値的にシミュレートできます。

シミュレーション機能

agis導入実績

富士通ホーム&オフィスサービス株式会社 様
【福島県】

業務内容
最先端のICTで栽培環境をコントロールした完全閉鎖型植物工場にて、低カリウム野菜の栽培・販売を実施。
拠点
福島県会津若松市
導入目的
agisをベースに富士通・会津若松Akisaiやさい工場の多段式水耕栽培に特化した「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウドAkisai生育管理システムagis」を導入。日産3,500株の育成管理、トレーサビリティ強化、作業進捗確認を通して、お客様起点の栽培管理を展開。
富士通ホームオフィスサービス株式会社 様

有限会社西垣園芸 様 【岐阜県】

業務内容
花鉢花(ガーデニング用花苗)の生産、販売を行っている農園。取り扱いはオステオスペルマム、ラベンダーなど30種以上。
拠点
岐阜県加茂郡3農場、長野県諏訪郡1農場、栽培委託先1農場。
導入目的
生産種の500ロット400万ポットへの拡大による生産管理強化及び履歴分析によるムダな挿し木の抑制(作付け量・作業削減)。
有限会社 西垣園芸 様

小林クリエイト株式会社 【愛知県】

業務内容
完全閉鎖型植物工場にてアイスプラントおよびレタス類を栽培。
拠点
静岡県富士市に1プラント
導入目的
現場の見える化により、作業進捗・在庫数・ロケーション管理を強化し、CS向上を図る。
小林クリエイト株式会社

agisの汎用性

agisは農業界のみならず、工業界でも多くの提案・導入事例があります。
業界問わず、自社のビジネスプロセスのマネージメント(工程管理)に利用できます。

agisの汎用性

関連リンク

・富士通株式会社様 プレスリリース

・富士通株式会社様 agis紹介ページ

PAGE TOP