豊かな森づくり活動

小林クリエイト ありがとうの輪プロジェクト 森林保全活動

当社は、創業以来70年以上にわたり印刷を業とし、森林資源の恵みを受け続けている企業の一員です。さらには企業人である前に地球の恵みを受ける一人でもあります。そこで当地で環境保全に取り組んでいるあいち海上の森センターと企業連携を締結し、森林保全活動と環境教育に取り組みを始めました。
定期的に、社員とその家族で海上の森における間伐作業を通じ、「森林を守る事の大切さや大変さ」・「人と自然が共生する社会づくりの大切さ」の理解を深め、森林保全活動と環境への意識向上に取り組んでいます。

締結日時および活動概要

締結日 :平成23年6月11日(土)
活動内容:「海上の森」内で、あいち海上の森センターが指定する区画(約3,500m²)の森林を整備(間伐)する。
参加者 :社員およびその家族
活動期間:平成23年6月11日から平成26年6月10日まで

海上の森との企業連携覚書締結

締結日時および活動概要

里山サテライトでのレクチャー

森の現状
森の現状

間伐の必要性
間伐の必要性

間伐作業(H23.6)

【間伐作業前】 人の手が入っておらず、木が込み合っており、暗い森です。

雨天のため、森を歩きながら、良い森と悪い森の違いを説明いただきました。また担当する現場の状況を確認しました。

雨天のため、森を歩きながら、良い森と悪い森の違いを説明いただきました。また担当する現場の状況を確認しました。

雨天のため、森を歩きながら、良い森と悪い森の違いを説明いただきました。また担当する現場の状況を確認しました。

間伐作業開始

間伐作業開始

間伐作業開始

間伐作業(H23秋)

陽はあまり入っていませんが、まず成長の悪い劣勢木を処理し、下草が生えるよう少しずつきれいにしていきました。
また初めての伐採も安全を第一に開始しました。

間伐作業(H23 秋)

間伐作業(H24 春)

木を間引きする毎に、少しずつ陽が入る場所が広がっていきます。

間伐作業(H24 春)

間伐作業(H24 冬)

間伐作業(H24 冬)

PAGE TOP