グリーン調達

弊社は、事業活動を通じて環境との調和を図り、環境負荷の低減を実現することを基本理念に、事業活動が環境に与える負荷を軽減する施策を推進しています。その一環として、弊社が調達する物品や役務について、品質、価格、納期等に加え、「環境性」を考慮し、環境への負荷の少ない調達、すなわち「グリーン調達」を進めてまいりました。

また2005年の秋には、地球環境保全にさらに貢献するために、弊社環境方針に、「環境配慮型商品の開発と提供」を新たに盛り込み、具体的な取組に着手いたしました。この取組を実現していくためには開発、設計段階における環境負荷低減への考慮が必要ですが、もう一方ではサプライヤー様からの環境負荷の少ない資材の調達が不可欠となります。

弊社では、この環境方針の展開に加え、欧州を初めとした環境取組に関連した法的規制(WEEE、RoHS指令)や国内における環境保全行動の進展などの情勢変化に対応するために、従来のグリーン調達指針の内容を見直し、これまで以上に本取組の実効性を高めることを意図した「グリーン調達基準書」を作成いたしました。

このグリーン調達の活動は、サプライヤー様のご理解なくしては困難であり、サプライヤー様と共同・連携して推進してまいりたく、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

※「サプライヤー様」は、原材料・商品等の仕入先様、製品製造の協力会社様などを総称しています。

グリーン調達基準書 更新履歴
※2016.06 グリーン調達基準書(第5版)へ改訂
※2011.10 グリーン調達基準書(第4版)へ改訂
※2008.04 グリーン調達基準書(第3版)へ改訂
※2007.10 グリーン調達基準書(第2版)へ改訂
※2006.05 グリーン調達基準書(第1版)の制定

PAGE TOP