沿革

昭和12年 4月
初代社長小林日吉が東京都田端町(現北区)において小林商店として創業、工業用計測記録紙の製造に着手
昭和21年 4月
株式会社小林記録紙製造所の設立
昭和22~24年
東京、大阪、名古屋、九州に営業所を開設
昭和25~26年
小林式凸版輪転印刷機を開発
昭和26~27年
事務機械化の急速な進歩に対処し、ビジネスフォームの製造を開始
昭和31年 8月
市場拡大、需要増加により製造設備増設のため、愛知県刈谷市の現在地へ本社工場を移転
昭和32年 5月
小林記録紙販売株式会社を設立し、販売部門を独立
昭和46年10月
愛知県安城市に安城工場を建設
昭和50年 3月
静岡県富士市に富士工場を建設
昭和61年10月
製・販両社合併、「小林記録紙株式会社」誕生
平成 3年10月
熊本県菊池郡大津町に九州地区の生産拠点として九州小林記録紙株式会社を設立
平成 9年 6月
東京都品川区に首都圏におけるアウトソーシング機能充実のため東京情報処理センターを開設
平成11年 4月
安城工場で環境国際規格ISO14001の認証を取得
平成11年 7月
(財)日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの使用を認可
平成13年 3月
本社及び本社工場で環境国際規格ISO14001の認証を取得
平成14年 4月
本社及び本社工場と安城工場をISO14001統合認証
平成14年 9月
第1回印刷産業環境優良工場表彰において本社工場が『経済産業省商務情報政策局長賞』を受賞
平成15年12月
九州小林記録紙株式会社で環境国際規格ISO14001の認証を取得
平成16年 3月
『平成15年度 愛知ブランド企業』に認定
平成17年 3月
愛・地球博『モリゾー・キッコロメッセ』に期間限定出展
平成17年 4月
ITソリューション事業部と東京情報処理センターにて、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得
平成18年 1月
名古屋オフィスで環境国際規格ISO14001統合認証
平成19年 4月
創立70周年記念式典開催
平成19年10月
「小林クリエイト株式会社」に社名変更
平成20年 8月
品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001の認証を取得
平成22年 4月
東京情報処理センターで環境国際規格ISO14001の認証を取得
平成25年1月
アグリ事業を富士工場で立ち上げ

PAGE TOP