先輩社員の声

システム開発職

新しいことへ挑戦し続ける会社の姿勢が自分自身の成長に繋がると思います。

現在の仕事内容

現在は「仕入先管理データベース」の開発を行っています。今までバラバラに管理されていたものを「仕入先管理データベース」を構築して一元管理し、情報が共有できる状態を作り、仕入先に対する企画・施策を迅速に行えるようにすることが目的です。また、最近の開発業務は「データ支給督促システム」です。お客様から当社へ支給していただくデータをお客様が送り忘れないように通知するためのシステムです。これ以外には、種々の統計資料の管理など営業店の販売管理のデータ保守を担当しています。

仕事の面白さ・やりがい

常に同じことをするわけではないところに、面白さややりがいを感じます。例えば、ある案件で勉強した言語や学んだ知識はその案件だけで終わるのではなく、他の案件でも必要とされることがあるので、次に活かすことができます。また、同じ言語でも案件が違えば組むプログラムが変わってくるので、前と同じことをすれば良いわけではありません。自らいろいろ考えてプログラムを組んで思った通りに動いた時に、とても達成感が感じられる仕事です。

システム開発職

当社に入社を決めた理由

会社説明会で当社の取扱い製品は数多く、それが自分の周りにあるものだと知り、とても身近に感じました。またITサービス等の分野へ積極的な事業展開を行っており、新しいことへ挑戦し続ける姿勢から、会社を通して自分も成長できるのではないかと思ったことがきっかけです。社内システムを担当して実際に感じることは、Webアプリケーションなど新しい言語やツールを取り入れたり、現在稼動しているシステムの問題点をより良いものに改修する等、現状に満足せずに進歩しようとするという会社の姿勢です。

就職活動中の皆さんへ

卒業するためにはちゃんと単位もとらないといけないので勉強も必要ですが、自分が「やってみたい」と思っていることは、今のうちにしておいた方が良いですよ。当社は比較的お休みが取りやすい方だと思いますが、社会人になると学生の頃のように長期のお休みもありませんし、時間の自由がきかないこともあります。読書だったり、旅行だったり、アルバイトだったり、何でも良いので、いろんなことにチャレンジしてください。様々な経験から得たことは、きっと何かに活かせるはずですよ。

システム開発職

異なる分野への進出を皮切りに様々な分野へ挑戦し、成長していく会社にしたい。

現在の仕事内容

主に自動車関連の工場で使用するシステム(部品数の管理やチェック等)に携わってきました。現在はシステム設計から納品まで幅広く行っています。普段は社内で資料作成やシステムのプログラミングを行うことが多いですが、設計や納品の工程になるとお客様の所へ行くこともあり、社外の人と話すことも多々あります。その他、既に導入したシステムの保守作業などもあります。突発的な障害が発生した際には問題解決のために、夜遅くまで作業を行うこともあります。

仕事の面白さ・やりがい

PC単体で動くプログラムだけでなく、それと連動する機器を使ったシステム作りができることに面白さを感じます。例えば、ハンディターミナルを使うこともあれば、RFIDリーダーというタグから情報を読み取りその位置を把握する仕組みを作りました。また、仕事とは別に趣味として、自分独自のツールを作れるようにもなります。その他、中国でのオフショア開発(開発業務を海外の事業者や会社に委託・発注すること)により、職場の中で国際交流しているような感じがして面白いですよ。

システム開発職

当社に入社を決めた理由

システム開発一本の会社ではなく、様々な製品を取り扱っているため、システム開発以外の経験も積めると思い、小林クリエイトに決めました。今、システム開発課は、アグリ事業など印刷とは違った分野へのアプローチも行っています。そのような異なる分野への進出を皮切りに、様々な分野へ挑戦し成長していく会社にしたいと思っています。

就職活動中の皆さんへ

システム開発職には、物事を抱え込み過ぎない人の方が向いていると思います。例えばトラブルが発生したときは、問題の確認からリカバリ対応までを少ない時間で正確に行わなければなりません。そのようなときに、自分一人で全てをやろうと思うのではなく、必要なときはチームの人に手助けをしてもらい、作業を分担することが大切です。
あとは様々な物事に興味が持てる人です。プログラム言語やデータベースなどソフト面と、ハンディターミナルやプリンタなどのハード面の両方の知識が必要になりますので、それらをバランスよく吸収できることが大切です。
システム開発職を目指している人は、これらを参考にして就職活動を頑張ってくださいね。

システム開発職

  • 企業情報
  • 環境への取り組み
  • CSRへの取り組み
  • マイナビ2019

PAGE TOP