部品/資材調達システム e-BCR このページを印刷する

Before

  • 得意先からの生産変動に追従した部品調達ができていない。
  • 仕入先や物流会社とは都度電話で進捗確認している。
  • 発注や受入のデータ入力を手作業で行っている。
  • 仕入先に指定の現品票を発行させたい。

After

  • 多数の仕入先とインターネットを介しEDIで取引するようにした。
  • 自社と仕入先で実績データを共有し、お互いに活用できるようにした。

Point

  • 自社と仕入先間で実績データが連携され、最新の進捗状況がいつでも見られます。
  • 品番毎に手配条件を決め最適数量で自動発注できますので、きめ細かい在庫低減が図れます。
  • インターネットを介して仕入先へ発注データを送信しますので、リードタイムが短縮できます。

部品・資材調達の一元管理をサポート

部品や資材の調達には、最適な在庫運用と納期管理が重要で、そのためには仕入先や物流会社など協力会社との連携が大切です。また複数工場での情報連携も求められます。 小林クリエイトでは、複雑な自動車業界の生産物流のノウハウを活かした「部品/資材調達システム e-BCR」をご用意しています。e-BCRは、自動車業界はもちろん、他の製造業での物流改善にも役立ちます。  

《特長》
「ワンウェイかんばんとリターナブルかんばんをお客様の運用に合わせて、それぞれの利点を生かしながら共存させられます」

「品番毎にかんばんを増減させることができますので、生産変動に追従できます」

「基幹システムとの連携が図れます」

「複数の振り出し元(自社)設定を行えますので、1つのサーバで複数拠点の立場での運用ができます」

「中継地で実績登録を行えば、オーダー単位でトレースできます。また、各実績や問い合わせ画面のCSV出力も可能なので、協力会社へのデータ提供の幅が広がります」

「未回転や未使用かんばんの発見の他、作業進捗管理機能による作業モレなどの警告がポップアップで表示されます」

カタログ

PAGE TOP