RFIDで車両管理 このページを印刷する

Before

  • 車両および運転手の入退場業務に毎日手間が掛かっている。
  • 車両のトレーサビリティ(移動実績収集)ができていない。

After

  • 車のIDを読み取り、自動で門を開閉したり、シャッターを開閉したりできるようにした。
  • 構内の要所で車両および運転手の情報を自動的に取得できるようにした。

Point

  • ドライバーが車を降りて特定の位置にIDを提示しなくても、車に乗ったまま自動で門を開閉したり、シャッターを開閉できるようになり、作業性が良くなります。
  • 車両および運転手のトレーサビリティができるので、実績に照らした移動ルートの見直しなどが進めやすくなります。

ドライバーに負担を掛けない

工場には、部品や資材の搬入用車両や来客車両の出入りが頻繁にあります。また構内では自社のフォークリフトなどの車両が行き来しており、自動車製造業では、組立完成車の移動もあります。 そこで小林クリエイトでは、ドライバーが車に乗ったまま自動で門を開閉したり、シャッターを開閉できるようにするための仕組み作りをサポートしています。  

・使用する車両および設置する門やシャッターにあわせて、車両の最適なID読取方法をご提案します。
・読取ゲートが設置しにくい場所や、設置費用を掛けたくないケースでは、ハンディターミナルを使うことで、手軽にIDが取得できます。

関連情報

PAGE TOP