RFIDで輸送資材管理 このページを印刷する

間接原価として管理しにくいものに輸送資材があります。輸送資材の過不足による影響は製品と同レベルの重要性を持っています。 小林クリエイトでは、まずパレットなど輸送資材の所在や返却サイクルなどの現状把握を進める際に必要となる最適な読取手法をご案内しています。  

輸送資材のコストは多くの会社で負担になっていますが、自社で完結せず相手先があるため、対処が難しいテーマになっています。そこでまず現在どこにいくつパレットがあるのか、どの相手先の返却率が悪いのかなどの実態把握を進めたいとのご要望が上がっています。


 

パレットやカゴ車といった輸送資材の管理には、その取り扱いから衝撃や屋外環境への耐性が求められます。
 

関連情報

PAGE TOP