医療事業のご紹介 このページを印刷する

小林クリエイトの医療分野への取り組みについてご紹介します。

ビジョン

お客さま並びに受診者の視点で真に必要なIT化を推進するために、「安心」「安全」をキーワードに質の高い商品とサービスを効率的且つ効果的に提供することによって、医療業界で必要とされる企業となる。

体制

医療分野で今必要とされる専門的な製品やサービスを的確にお届けし、今後求められる要望にいち早くお応えするために、医療分野を専任とする体制を整えました。

体制

沿革

昭和21年 4月
株式会社小林記録紙製造所の設立
昭和40年代
医療機関のコンピュータ導入に伴ない、プリンタで打ち出すためのビジネスフォームの製造販売を開始
平成 1年
医療機関向けバーコードプリンタ「BP-100」を発売
平成 5年
BP-100の改良型プリンタ「BP-200」を発売
検体ラベル自動貼付け装置「VL-100」を発売
臨床検査システム「SIMS」を発売
平成 8年
VL-100の改良型検体ラベル自動貼付け装置「VL-150」を発売
平成 9年
Windows版臨床検査システム「SIMS for Win」を発売
平成10年
バーコードプリンタ「KP-100」、「KP-500」を発売
平成11年
バーコードプリンタ「ip-100」を発売
平成13年
EAN128対応商品を発売
採血管準備装置「i・pres(80S)(40S)」を発売
平成14年
バーコードプリンタ「ip-50」を発売
Web対応検査結果報告照会システム「TRAS」を発売
平成15年
採血管準備装置「i・pres gear」を発売
平成17年
バーコードプリンタ「KP-200」「KP-300」を発売
平成18年
バーコードプリンタ「ip-60」、「ip-200」、「ip-220」を発売
巡回健診支援システム「T-MES」を発売
平成19年
「小林クリエイト株式会社」に社名変更
平成20年
バーコードプリンタ「ip-65」、「ip-205」、「ip-225」を発売
採血管準備装置「i・pres fit」を発売
平成21年
採血管準備装置「i・pres with」を発売
健診データ収集システム「T-MES for Center」を発売
平成22年
採血表示照合システム「RInCS」を発売
巡回健診受付システム「T-MES Light」を発売
2次元エリアイメージャー「KR-150」を発売
平成23年
2次元エリアイメージャー「KR-200」を発売
平成25年
採血管準備装置「i・pres core」を発売
バーコードプリンタ「ip-66」、「ip-206」、「ip-226」を発売

学会への取り組み

医療推進部では学会展示会を通じて積極的な情報発信を行っています。

日本臨床検査自動化学会 展示ブース 日本臨床検査自動化学会 展示ブース

日本医学検査学会 展示ブース 日本医学検査学会 展示ブース

国際モダンホスピタルショウ 展示ブース 国際モダンホスピタルショウ 展示ブース

PAGE TOP