偽造防止用紙 このページを印刷する

複製による不正利用が心配される証明書や領収書、商品券などの金券類の作成用に、さまざまな印刷加工による偽造防止対策をご案内します。      

大切な帳票の作成には安心・安全な偽造防止用紙を



スキャナやカラーコピーの高性能化により、隠し文字印刷だけの偽造防止用紙では、改ざんや複製を防止しにくくなりました。より強固な偽造防止には複数の印刷加工技術を組み合わせることが肝心です。 各種偽造防止加工を施したサンプルをご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

【偽造防止技術】


■隠し文字印刷

人間の目には識別しにくい大きさの異なるアミ点や細線を組み合わせ、『コピー』や『複写』等の文字を印刷します。原本では見えにくいのですが、コピーを撮ると『コピー』や『複写』等の隠し文字が浮かび上がります。




■透かし印刷

特殊なインキでマークやロゴ等を印刷します。正面からは見えませんが、角度を変えて見たり(偏光効果)、光に透かして見たり(透かし効果)すると、印刷内容が確認できます。コピーしたものはこの機能を再現できません。




■サーモクロミック印刷

温めることで色が消色する特殊なインキでマークやロゴ等を印刷します。サーモクロミック印刷部分を指などで温めると透明になり、しばらくすると元に戻ります。コピーしたものは、この機能を再現できません。




■マイクロ文字印刷

微少フォントで文字を印刷します。コピーしたものは文字がつぶれてしまい判読できなくなります。
※上記以外にも、ホログラム加工をしたり、特殊なインクで印刷するなど対応していますので、お気軽にご相談ください。



【利用シーン】
●官公庁、自治体「各種証明書」
●学校関係「在学証明書」「成績証明書」「卒業証明書」
●保険、金融機関「保険加入証明書」「債権保証書」
●製造業「設計図面用紙」
●イベント「チケット」
●小売業「商品券」「クーポン券」

PAGE TOP