採血業務支援システム RInCS このページを印刷する

Before

  • 採血の順番を管理するのが難しく、順番が入れ替わってしまうことがある。
  • 受付で把握した患者さまの情報を採血室に伝達するのに苦労したことがある。
  • 同姓同名の患者さまを判断しづらく、取り違いの可能性がある。
  • 混雑する曜日や時間帯などが数値的に把握できないため、人を雇うのにも苦労している。

After

  • システムで正確に順番を管理でき、オーダーの無い方でも順番を担保できるようになった。
  • 受付の際に入力した患者さまの情報が採血者の近くに設置したモニタで表示でき、採血者に正確に伝わるようになった。 
  • バーコードによる照合オペレーションにより、同姓同名や声の出ない患者さまでも安心して採血できるようになった。
  • 統計データが見られるようになり、混雑の推移や傾向が見られるようになったため、人的リソースの配分が容易になった。

Point

  • 【業務の標準化】職員のスキルに頼らず、誰でも一定の水準で業務を遂行できるようになります。
  • 【時間短縮】  事前に患者さまの情報を把握することによる準備の時間など、採血業務全体にかかる時間を圧縮し、患者さまの待ち時間短縮を実現します。 
  • 【見える化】  採血業務の状況が把握できるようになるため、応援の要請や患者さまへの対応などスムーズに行うことができます。
  • 【管理・運営】 各種統計情報から、運用の課題を浮き彫りにし対策に繋げることができます。

小林クリエイトが考える「採血業務の理想の姿」は 『業務標準化・時間短縮・状況の見える化』です。 RInCSなら実現できます。

導入事例
関連情報
カタログ

PAGE TOP