簡易照合・表示・受付票発行 このページを印刷する

Before

  • 同姓同名や声のでない患者さまの判断が難しく取り違いの可能性がある。
  • 採血室での採血順番を患者さまに担保したい。
  • 患者さまを呼び出す際に大きな声を出している。

After

  • バーコードによる照合オペレーションにより、同姓同名や声の出ない患者でも安心して採血できるようになった。
  • 採血の受付順に採番した採血受付票を患者さまに渡すことで、採血の順番を担保できるようになった。
  • 受付番号をモニターへ表示し患者を呼び出すため、大きな声を出す必要がなくなった。

Point

  • 照合・表示・受付票発行の中から、必要最低限の機能だけを選んで導入できます。
  • 患者さま自身で順番の確認ができますので、患者さまの採血待ちによるストレスが軽減されます。
  • 3点照合により、どの患者を誰が採血したか記録を残すことが出来ます。

手軽に導入できる採血業務の完全パッケージシステム

採血管準備装置 i・presシリーズのインターフェイスで動作する3つのシステムは、必要なシステムのみを選択し手軽に導入いただけます。

■「受付票発行」システム

「採血の受付順に連続番号入りの受付票をサーマルプリンターから発行できます」
「上位システムから情報を取り込むことで診察番号でも発行できます」



■「呼出し番号表示」システム

「採血指示書等のバーコードで呼び出し番号を表示します」
「呼び出し時に不在だった方の番号を表示することができます」



■「患者照合」システム

「採血受付番号や患者ID等をバーコード読み取りにより照合を行います」
「採血した職員のID登録も行うことができます」
「採血の実施状況のログを作製することができます」

※表示する情報によっては、上位システムとの打合せが必要となる場合がございます。

導入事例
関連情報
カタログ

PAGE TOP