よくあるご質問(FAQ) このページを印刷する

お客さまからよく寄せられるご要望やご質問を掲載いたしました。

 

皆さんどのような業務を外部委託されていますか。

注文書などの日次処理から、請求書、給与明細書といった月次処理、ダイレクトメールやカタログといった販促物の処理、あるいは医療費通知、督促状、カード型保険証などさまざまな通知物のプリントから発送までを幅広くご依頼いただいています。
特にプリント後の名寄せや納品先毎に細かな仕分けが必要な作業ではお客様の業務負荷が高く、外部委託をお考えになられるお客様が多数いらっしゃいます。
また圧着ハガキの加工機などを自社でお持ちではないお客様から、お仕事をご依頼いただくこともございます。

 

 

毎日の処理や納品も依頼できますか。

ご対応しています。配送などの条件もございますので、まずは弊社営業担当者までご相談ください。
また最近では集中発行するプリント量が減ったこともあり、自社での発行環境をなくし、ほぼ全てのプリント業務を外部委託に切り替えられるお客様もいらっしゃいます。こういったケースでは、毎日大量のジョブを処理し、毎日事前に取り決めた指定場所に納品しております。

 

 

部材の準備も合わせて依頼できますか。

弊社は、印刷会社ですので、プリント処理のみならず、発送に必要な部材を取り揃えることができます。事前打合せでは、部材の制作から、発送までをまとめてお打合せして、処理内容を決めることができます。
また発送サイクルによっては、部材をお預かりできますのでご相談ください。

 

 

ダイレクトメールの企画やデザインなども依頼できますか。

通販会社や店舗型販売会社にてDMの企画やデザイン作成、キャラクターの作成などをお手伝いしています。お客様への「伝わりやすさ」を大切にし、ご提案しています。

 

 

郵便料金の割引を効果的に利用したいのですが。

郵便料金には、カスタマーバーコード割引や郵便区分け割引、広告郵便物割引などのさまざまな割引サービスがあります。一つひとつルールをクリアーすることで、確実に郵便料金が下がってまいります。
お客様の発送条件をお聞かせいただければ、最適な割引条件と適用するための仕様をご案内できます。

例)封書(定形)で1回の処理数量が10万通の場合
カスタマーバーコード割引・広告郵便(特特)割引・地域区分店等差し出し割引を利用しますと38%の割引を受けられます。
封書(定形:50g/通)の場合では、90円×10万通=900万円の通常料金に対し、38%分の342万円もお得になります。

 

 

コスト削減策として、封書からハガキへ切り替えたいのですが。

通知費用の多くを占める郵便料金の削減は皆さん気にされています。
印字領域が小さくはなりますが、帳票デザインを工夫し、ご要望にお応えしてまいります。
また封書とはがきをプリント量に応じて、使い分けることもできますので、是非ご相談ください。

 

 

10万枚の三つ折りハガキのプリントと圧着は、何日で対応できますか。

データをお預かりしてから二日後に発送できます。

 

 

○○の作業が毎回手作業になり、手間が掛かって困っています。

弊社ではお客様のお仕事の手順をお伺いし、手作業での処理を行ったり、機器での処理に移し替えたりと、判断しながら対応してまいります。手作業にて処理する場合にも、バーコードなどを活用し、間違いない作業手順作りに取り組んでいます。

 

 

他社に委託している仕事を切り替えたいのですが。

現在、他社にアウトソーシングしている業務内容をお聞かせください。切り替えに工数が掛からないように取り組むことはもちろん、少しでも業務が改善できるように検討させていただきます。

 

 

プリントを委託する前に、しっかり意見交換したい。

ありがとうございます。業務によっては、たいへん複雑な作業をされているケースもございます。間違いのない作業を進めるためには、事前の打合せがたいへん大切です。
弊社スタッフが、お客様をご訪問し、お客様のご要望をお伺いしながら、受託の仕様や作業の進め方を詰めてまいります。ご不明な点など、その都度ご確認ください。

 

 

 

プリントデータは安全に受け渡しできますか。

個人情報を含むことが多いプリントデータの受け渡しには、細心の注意を払っています。
プリントデータは、インターネットでの受け渡しとメディアの受け渡しの双方で対応しています。
インターネットで受け渡す際には、弊社で開発したK-WAYという通信ソフトを活用し、暗号化・データ圧縮をした上で行います。またメディアで受け渡す際は、弊社スタッフが対面で受け渡すか、セキュリティ体制を構築した運送会社を使って行っています。

 

 

情報セキュリティへの取り組みはどうなっていますか。

当社は、平成11年7月に印刷業界で初めてプライバシーマークの認証を取得しました。また平成17年4月には情報セキュリティに関する包括的認証である情報セキュリティマネジメントシステムISMS(ISO/IEC27001)も取得しています。いずれも現在まで認証を更新継続しています。情報セキュリティの徹底には、明確なルールと日々の運用が大切です。当社はプライバシーマーク、情報セキュリティマネジメントシステムISMSに準拠した社内ルールに基づいた日々運用により、安全な業務運営を行っています。

 

 

従業員等に対し個人情報保護及び情報セキュリティに関する教育を
定期的に実施していますか。

プライバシーマークと情報セキュリティマネジメントシステムISMS(ISO/IEC27001)に則り社内ルールを定め実施しています。

 

 

個人情報及び機密情報を保存しているパソコンやサーバの管理方法は
どのようになっていますか。

アクセスできる人を制限し、かつIDとパスワードまたは生体認証等により管理しています。

 

 

用語

 

DSP

DSPとはDirect SPOOL Printingを略した弊社のサービス名称です。
お客様が現在使用しているプリントプログラムやオーバーレイなどを使って処理した情報を当社で受け取り、出力するサービスになります。短期間でアウトソーシングを始めたいお客様や複雑なシステムのアウトソーシングでの利用に適しています。

 

FPS

FPSとはForm Processing Serviceを略した弊社のサービス名称です。
お客様からお預かりしたデータをプリント、封入封緘などし、発送まで行うサービスです。

 

K-way

弊社が開発したお客様と弊社間のみで通信するためのソフトウェアです。お客様から直接、当社情報処理センターにインターネットを使って安全にデータを送信することができます。暗号化技術はSSLを使用しています。SSLは、インターネット上で情報を暗号化し送受信できるプロトコルです。サーバとクライアント間でクレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りするために広く使われています。

 

PAGE TOP