バーコードリーダー・RFIDリーダー このページを印刷する

バーコードリーダー・RFIDリーダー

ハンディタイプから定置タイプまで、有線・無線(無線LAN・Bluetooth)と幅広い選択肢があります。 小林クリエイトでは、各メーカーの製品から、お客様の用途・運用方法などのご要望に最適な機種をご提案します。  

  • バーコード ハンディリーダー

    ケーブルでPCなどに接続して使用する手持ちタイプのバーコードリーダーです。
    多数の機種があり、確実な読取りを行なうタッチ式リーダー、比較的離れた位置から読取が可能なレーザースキャナーなど用途や読み取る対象により、最適なものを選びます。
    Bluetooth接続などケーブルの無い機種もあります。

  • 2次元シンボル ハンディリーダー

    ケーブルでPCなどに接続して使用する手持ちタイプの2次元シンボルリーダーです。
    QRコードをはじめとする2次元シンボルに加え、バーコードシンボルの読取りも読み取る向きに関係なく対応できます。また、画像の撮影が可能なものやOCRによる文字読取が可能なものもあります。Bluetooth接続などケーブルの無い機種もあります。

  • RFID ポータブルリーダー

    BluetoothでスマートフォンやタブレットPCに接続して使用する手持ちタイプのRFIDリーダーです。
    軽量・コンパクトなUHF帯RFタグのデータを読取り・書込み可能なリーダーライターです。

  • バーコード ハンディターミナル

    バーコードリーダーを搭載したハンディターミナルです。
    バーコードを読み取っての照合や実績収集などが行なえます。
    データを蓄積して、クレードルを介して上位とデータ通信するバッチタイプと無線LANによってリアルタイムで上位と通信可能な無線タイプがあります。

  • 2次元シンボル ハンディターミナル

    2次元シンボルリーダーを搭載したハンディターミナルです。
    2次元シンボルを読み取っての照合や実績収集などが行なえます。
    データを蓄積して、クレードルを介して上位とデータ通信するバッチタイプと無線LANによってリアルタイムで上位と通信可能な無線タイプがあります。

  • RFID ハンディターミナル

    RFIDリーダーを搭載したハンディターミナルです。
    RFタグの読み取っての照合や実績収集、またRFタグへの書込みができます。
    また、機種によりバーコードあるいは2次元シンボルの読取りもできます。
    バッチタイプと無線タイプがあります。

  • バーコード 定置式リーダー

    固定式のバーコードリーダーです。
    POSなどで手に持った商品のバーコードをかざして読み取るなど、ハンズフリーで読取が行えます。

  • 2次元シンボル 定置式リーダー

    固定式の2次元シンボルリーダーです。
    コンベア上を流れる製品のシンボルの自動読取りなどに使用します。

  • RFID 定置式リーダー

    固定式のRFIDリーダです。
    ゲート上に設置して、ゲートを通過する製品に取り付けたRFタグの読み取りなどに使用します。

PAGE TOP