紙のサイズ このページを印刷する

紙のサイズには色々な種類があり、JIS(日本工業規格)などの規格に基づくサイズから一般に常用されるサイズまで様々です。ここでは、身近な紙製品に最もよく使われる基本的なサイズのA判B判を中心に解説します。

基本的なサイズ

A判はISO(国際規格)、JIS(日本工業規格)共通で以下のサイズに決められています。

【規格:ISO216、JIS-P 0138】

規格 サイズ(mm) 主な用途
A0 841×1189 大判ポスター
A1 594×841 ポスター
A2 420×594 ポスター
A3 297×420 選挙ポスター、画用紙
A4 210×297 コピー用紙、パンフレット
A5 148×210 文芸誌、教科書、雑誌、伝票
A6 105×148 文庫、ハンドブック、絵ハガキ
A7 74×105 ポケット辞典
A8 52×74
A9 37×52
A10 26×37

基本的なサイズ

B判はISO(国際規格)、JIS(日本工業規格)でそれぞれ決められたサイズが異なります。国内では以下のJISによるサイズが広く用いられています。

規格 サイズ(mm) 主な用途
B0 1030×1456 大判ポスター、図面
B1 728×1030 大判ポスター
B2 515×728 ポスター
B3 364×515 電車中吊り広告
B4 257×364 グラフ誌、楽譜、チラシ
B5 182×257 週刊誌、チラシ、辞典、教科書
B6 128×182 書籍一般
B7 91×128 手帳
B8 64×91
B9 45×64
B10 32×45

基本的なサイズ

その他のサイズ

A判、B判の他、一般的によく使われる紙のサイズとしては、ハガキや名刺などがあります。

規格 サイズ(mm) 備考
名刺 55×91 一般的なサイズ
郵便ハガキ 100×148 日本郵便が発行しているハガキのサイズ
私製ハガキ (短辺90~107mm×長辺140~154mm) 内国郵便約款に基づくサイズ

当社でも素材やサイズ毎に、多種の用紙をご用意しています。

PAGE TOP