ニュースリリース

NEWS 通信販売

転売やニセモノからブランドを守る 「トレーサビリティシステム」の提供を開始

掲載日:2021.02.01

小林クリエイト株式会社は、個製品の流通経路を特定することで無断転売や模造品・模倣品からブランドを守る「トレーサビリティシステム」の提供を2021年2月1日(月)から始めました。
【URL】https://k-cr.jp/traceability/

小林クリエイトのトレーサビリティシステムは、製品一つ一つにシリアルNo.を付与し出荷拠点ごとに登録することで、個製品の識別・流通経路の遡及を可能にしました。

小林クリエイトの トレーサビリティシステムの3つの特徴

一点ごとに製品の流通経路を把握
製造ロットのみならず、製品一点単位で正規品を保証するトレーサビリティ管理により、流出した製品ごとに、その流通経路を調べることができます。

クラウド基盤により、複雑な流通経路に対応
クラウド基盤上にデータベースを構築し、インターネットを介してシステムを利用できるため、多数の事業者を経由する複雑な流通経路にも柔軟に対応することが可能です。

『見えないQRコード』でさりげなく商品を追跡
識別コードとして、透明なQR コードを使用可能です(オプション)。透明であるため、
誰にも気づかれにくく、ブランドイメージを損なわないトレーサビリティを実現できます。

不正販売の横行からトレーサビリティシステムの開発へ

ネットショッピングなど非対面での販売機会が増加し、多くの企業でネット販売が拡大しています。一方で、ネット取引の普及にともなって高額転売や偽ブランド品販売なりすまし などの不正販売も横行しています。これまで、こうした出品の出所をつかむことは難しく、不正な販売者を見つけて根本的に解決するということは、極めて困難でした。不正な製品の流通を許せば、消費者の信用も失いブランドの価値も維持できなくなります。
小林クリエイトではこのような社会問題に取り組み、【トレーサビリティシステム】を開発しました。

活用方法

個製品1つ1つのシリアル№について、専用のソフトウェアで梱包資材との紐づけや出荷先の登録を行います。その後、実際に転売されている場合、流通品を買戻し 、製品のQRを検索すること で流通経路を辿れるようになります。
例えば、美容品などの対面販売を基本としている製品やブランドの高額商品などをこのトレーサビリティシステムで管理することにより、万が一の不正販売に対しても出所を特定して対処することができるようになります。

本件に関するお問い合わせ先

小林クリエイト株式会社
営業推進部 流通推進課
お問い合わせ: https://k-cr.jp/forms/traceability/contact.html