製品・サービスの紹介事例 香川ファイブアローズ 様

せっかくなら新しいことをやってみよう!と導入に至りました。
お客様から新鮮な反応をいただけています。

香川ファイブアローズ 公式ウェブサイト
https://www.fivearrows.jp/

香川を盛り上げるプロスポーツチーム
それを支える小林クリエイトのソリューションとは

──お客様の担当業務・プロフィールを教えてください

織野様

2019年4月入社、営業を半年間経験したのち、興行運営・広報部に配属。チケット、グッズ、ブースタークラブ関係の業務を主に担当し、2020-21シーズンより興行運営の業務が主となりましたが、チケット関係の業務も引き続き担当しています。







──お客様の課題

織野様

地方の小さいクラブでB2の中でも上位ではなく、何をするにも予算の問題が出てきてしまいます。低予算でもお客様に満足いただけるには何ができるのか、少しでもクラブが向上していく姿を見ていただくにはどうしたらよいかというところが課題でした。

──当社ソリューション導入のきっかけ

織野様

主に2つあり、1つ目は先ほどの課題の通り限られた予算の中で何ができるか模索していたところ、予算内で可能な印刷方法などを工夫して提案していただけたことが大きかったです。 2つ目は、今回導入した「透明トナー×会員証発行・運用ソリューション」という、他にはない新しい提案をしていただけたこと。実績のないものを導入することに不安もあったのですが、クラブアローズの制度を一新したタイミングだったこともあり、せっかくなら新しいことをやってみよう!と導入に至りました。






──当社を選んだ一番のポイント

織野様

シーズン前の製作期間も予算もあまりない中で、どうしていこうかと思っていたところにお声掛けいただけました。自身が会員証発行業務に初めて携わった年にかなり苦労をしたのですが、提案内容を聞いたところ短期間でシステムを構築してスムーズに運用できるイメージが持てたため決めました。私個人としても新しいものを創っていく中で、少し無理な要望にも柔軟に対応していただき、相談すれば応えていただける安心感がありました。

──当社と協業する中で苦労話や笑い話があればお聞かせください

織野様

ありがたかった話になるのですが、弊クラブで運用している管理システムから情報を取り込んで 会員証発行できる仕組みを作っていただけたため、現状のシステムを生かしたうえで運用がかなり楽になりました。 元々は担当者が1人で苦労しながら作業していたのですが、提案いただいた内容では宛名ラベルや送付状作成が不要になり、作業効率が格段に上がりました。

──導入後の効果は?

織野様

作業効率が上がったことにより、今後会員数が増えた場合にも対応する余力ができました。また、会員証と宛名情報のマッチング作業が不要になったことにより、不具合のリスクも軽減しました。

──お客様からの評判はいかがですか?

織野様

会員証を専用ハンディで読み取る際、「QRコードが見えないけどどこにあるの?」「すごいね、最新だね!」と、新鮮な反応をしていただけてよかったです。まだまだ、クラブアローズ自体のサービス向上等厳しいお声もいただいておりますが、一つ一つ課題をクリアしていき、入会してよかったと思ってもらえるよう努力していきたいと思います。





──小林クリエイトにメッセージを!

織野様

現状の仕組みを有効活用しながら、ぜひこれからもいろんなものを一緒に作っていきたいという思いがあります。今後ともよろしくお願いいたします。

小林クリエイトから

佐藤

今回ご採用いただいた「透明トナー×会員証 発行・運用ソリューション」は全国初の導入で織野様にも不安があったことと思いますが、当社関係部署が一体となり無事に稼働させることができました。初めて織野様と打合せをした際、香川ファイブアローズをもっと盛り上げて行くためにもファンクラブの会員数を増やし、また会員様に喜んでいただけるクラブチームにしていきたいとの強い気持ちが感じられ、私もなんとか織野様と一緒になって考え、いい製品を提案させていただきたいと思いました。 当社は多様なスポーツビジネスソリューションを用意しております。これからも香川ファイブアローズ様から何でもご相談いただけるよう、また良きパートナーとして今後とも宜しくお願いいたします。