高セキュリティな
カードを発行したい。
できれば低コストで。

それ、レーザーマーキングプリンタで解決できるかも。

性能とコスパの両立を追求した
カード発行用レーザーマーキングプリンタ

IDL-A Desktop Laser marking Printer

レーザーマーカー型印字の特長

高い耐久性と改ざん防止性

カード表面ではなく内部層へのレーザー印字のため、「削れない」「色褪せない」「水・薬品に強い」といった高い耐久性があります。

レーザーマーカー レーザー発色層
削れないため改ざんも困難!

触覚効果のある印字が可能

印字部分に触覚効果(タクタイル)を持たせることが可能です(クレジットカード等に使用されるエンボスと違い、裏面は凹状になりません)。

高精細な印字が可能

レーザーマーカー方式のため高解像度での印字が可能。高精細な写真やマイクロ文字など熱転写やインクジェットでは困難な内容も印字できます。

※レーザーマーカー方式の印字は黒のみとなります。

安価なランニングコスト

機器コストは熱転写やインクジェットより高価なものの、インクやインクリボンが不要なため、ランニングコストを大きく抑えることができます。

IDL-Aならさらに…

低価格化

設計から徹底的に見直すことで、高価なレーザー系の低価格化を実現しました。

小型・軽量

カード発行用レーザーマーカー型プリンタとしてトップレベルの小型・軽量化を実現。場所をとらず移動も容易です。

省エネ設計

レーザーマーカー型プリンタで、実質わずか60W程度の省エネ設計です。

新レーザー発振方式

小型・低価格化のため、新方式のレーザーエンジンを開発。カード両面へ高画質・高速での印字が可能です。

レーザーマーカー型と
他の印字方式との比較

レーザーマーカー型 熱転写型 インクジェット型
カラー印字 ×
改ざん防止性 × ×
耐久性 × ×
凸状印字 × ×
印字スピード
カードコスト ×
機器コスト ×
ランニングコスト × ×
両面印字 ×
個人情報 ×

※個人情報等機微な情報を扱った場合、熱転写型は使用するリボンに転写します。

商品の詳しい説明など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらから

活用シーン

高セキュリティなカードが作りたい

「ICカード程のコストはかけたくないが、改ざんを防ぎたい」といった場合に適しています。
レーザーマーカー型は印字が削れにくいため、改ざん防止に繋がります。
また下記オプション機能をプラスすることで、さらに高レベルな偽造防止効果を発揮します。

  • マイクロ文字
  • 触覚効果(タクタイル)
  • 複製防止QR(BQR)

ランニングコストを抑えたい

熱転写やインクジェットプリンタに比べ圧倒的に低いランニングコスト。
またレーザーマーカー型プリンタの中でも、機器本体・消費電力ともに低コストです。

必要な時に必要数だけ即時発行したい

オンデマンド発行に最適で、必要になった時に必要数だけすぐに発行できます。

用途の一例

  • 社員証
  • 学生証
  • 会員証
  • 入館証
  • 認定証

カードイメージ

障がい者手帳

機器設置例

IDL-A本体 カード反転機 カードディスペンサー

※汎用ソフトもご用意しています。

カード発行のみの受託も可能です。
お気軽にご相談ください。

障がい者手帳カードの発行プリンタとしても採用

障がい者手帳の様式は、これまで紙形式のみとされていましたが、2019年(平成31年)4月の法改正により、利用者が希望する場合は、カード形式の障がい者手帳を交付することができるようになりました。そのため当社も2020年(令和2年)以降、全国自治体の障がい者手帳カード化に対応するため販売を開始しました。

商品の詳しい説明など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらから