CORPORATE GOVERNANCE

コーポレートガバナンス

CORPORATE GOVERNANCE

コーポレートガバナンス体制

小林クリエイト株式会社は、取締役によって構成される取締役会および、監査役によって構成される監査役会により、適正な経営と統制を図っています。2名の社外監査役および監査法人である会計監査人の設置により、経営の透明性を確保します。
業務の円滑な遂行のために執行役員を任命し、明確な指示系統と組織構成によって業務を遂行します。各組織が適正に活動していることを確認する監査室を設置し、全社にわたる統制を図っています。

CODE OF ETHICS/CODE OF CONDUCT

倫理綱領・行動規範

全従業者の日常活動の基本を法令順守の視点より「行動規範」としてとりまとめ、「倫理綱領」とともに規程化し、基礎教育の一環として継続的な啓蒙を実施しています。「行動規範」の中でも重要な項目については「仕入先のデータベース化による管理体制の整備」「規程・マニュアルとして別冊化」などを進め、担当する業務毎に適切な行動が行えるよう、法改正の動向を踏まえつつ、仕組みの構築や文書類の改訂・教育を行っています。

倫理綱領

小林クリエイトおよびそのグループ会社の経営者および従業員は、企業の利潤追求という経済的主体であると同時に、広く社会にとって有用な存在でなければならないという「社会的責任」を自覚し、時代に即した「社会的良識」と「高い倫理意識」を持って、持続可能な社会の実現に向けて行動します。

行動規範

  1. 法令の順守
  2. 人権の尊重
  3. 公正な取引
  4. 適正な経理・内部統制
  5. 環境の保全
  6. 情報の保護
  7. 社会貢献活動への参画
  8. 反社会的勢力との対決

COMPLIANCE

コンプライアンス

当社は「独占禁止法」などの各種法令を順守し、また健全で透明な事業活動を推進するためにさまざまなマニュアルおよび規程を作成し、順守徹底を図っています。

主な規定・マニュアル

  • 独禁法マニュアル
  • 下請法マニュアル
  • 民暴対応マニュアル
  • 契約書取扱規程

WHISTLEBLOWER SYSTEM

内部通報制度

当社では、労働者などが法令違反・その他不正行為に直面した場合、問題の早期発見と解決のために、通報および相談窓口を設置し運営しています。また、通報者が不利益な取り扱いを受けないために、公益通報者保護法に基づいた「内部通報規程」を制定し、通報者の適切な保護を行っています。

RISK MANAGEMENT

リスクマネジメント

会社を取り巻く種々のリスクに対しては、その基本的な指針や対応を定めた「リスクマネジメント基本規程」を制定し、会社を取り巻く各種のリスクを評価したうえで、取り組むべき課題とプライオリティーを明確にし、社員一人ひとりが業務としての作業を進める中でリスクが排除できるよう社内基準や手順策定を進めています。

リスクマネジメント基本方針

  1. 当社は事業の円滑な運用と継続性を阻害する多様なリスクを抽出・評価し最善の対策を講じます。
  2. 未然防止が最大のリスクマネジメントであることを、全ての役員・従業者が自覚し行動します。
  3. すべてのリスクマネジメントにおいて、お客様、株主、取引先、従業者、地域社会の安全を最優先に、迅速で責任ある対応を行います。
  4. 構築したリスクマネジメントシステムは継続的な改善を行います。

制定日:2008年4月1日