製品・サービスの紹介事例 隈病院 様

「今回導入した“i・pres with”は、まぁ、愛想はないけれど愛すべき機械といったところですかね。」

以前の機械は、いわば採血管が出てくる謎の箱なんです。
どういう仕組みで出てくるのか全くわからない状況…。

──導入後の効果はいかがでしょうか

隈理事長様

2010年9月の導入当時より、現在の患者数は10数%増えていて、採血数もはるかに増えていますが、大きなトラブルはありません。

看護本部 新田本部長様

やはり機械ですので、小さなトラブルは起こりましたが、それによる待ち時間はありませんね。

医療情報課 柳田主任様

当病院では、診療前検査でどんどん採血室に患者様がいらっしゃいます。採血をして、その数分後には結果が出ます。ここで、トラブルが発生して渋滞すると、あとの診察が全然進まなくなってしまい、患者様にご迷惑をお掛けすることになります。患者様にご迷惑をお掛けしないためにも、オートラベラーはやはり2台導入すべきだと思いますね。現在は、一方に不具合が生じた場合、手軽に他方に切り替えることができるので、看護師も喜んでいます。機械の切替え作業は、現場の看護師が簡単に出来るように仕組みを作ってもらい、行っています。トラブル対応も十分で、現状では困っていることはありませんね。

──リモートメンテナンスによるトラブル対応についてはいかがですか?

医療情報課 柳田主任様

どんなにすばらしい保守体制を整えていても、機械にトラブルが発生した際、対応に来てもらうまでに必ず時間がかかります。小林クリエイトの製品は、看護師でも画面の案内を見ながら自分でトラブル対応しています。これは本当にすごいことだと思います。

隈理事長様

あのトラブル対応画面は良いですね。トラブルが起こったら、トラブルが発生していると思われる場所の写真が出てきて、対応の仕方などが表示されます。あれは現場の看護師に大好評なんですよ。以前の機械は、いわば採血管が出てくる謎の箱なんです。どういう仕組みで出てくるのか全くわからない状況で、一度詰まると採血管がどこに行ってしまったのかわからなかったですね。小林クリエイトの製品は開けば全てが見えるので、どういう搬送経路なのかすぐにわかります。ちょっとスキルがついてくると看護師が中の構造をなんとなくわかって対応できますからね。あれは素晴らしいですね。

──弊社と協業する中で苦労話や笑い話があればお聞かせください

隈理事長様

当病院では、専任のデザイナーがおります。病院の内装、調度品や照明器具など、すべてデザイナーの目を通っています。今回、製品導入する際にも、デザイナーがすべて目を通しました。