植物工場の目的別目指す姿

植物工場の目的に応じた費用対効果で企画立案をサポート!

小林クリエイトでは、お客様の目的に応じて、最適な費用対効果で企画立案をサポートします。

営利目的

  • ■ 企業の業績向上のための新事業
  • ■ 販売による売上・利益拡大のため参入

増収・増益を目指す

雇用創出目的

  • ■ 定年後の再雇用
  • ■ 寒冷地・乾燥地での雇用創出
  • ■ 障害者の雇用
地方活性化目的

  • ■ 地産地消、店産店消の農場
  • ■ 市民農園
  • ■ マンションへの付帯設備

収支±0 を目指す

植物工場参入支援コンセプト

小林クリエイトでは2011年6月に試験栽培を開始しました。
その後約10年にわたり、試行錯誤を重ねながら3期の増設を経て、2品目10種類あまりの多品種ラインアップで、新鮮野菜をお客様へお届けしています。
新旧設備においては、その時代の最新技術でトライ&エラーを繰り返した痕跡が残っており、作業効率化・生産安定化する方策を積極的に取り入れています。

富士ベジ工房の設備

旧設備 新設備
栽培品目 <レタス類> フリルリーフ・グリーンリーフなど計5品目
<ベビーリーフ類> チコリー・レッドオーク・デトロイトの計3品目
生産能力 1,500株/日(110㎏/日)
80g/株
2,200株/日(330㎏/日)
150g/株
設備仕様 19m(D)×1.4m(W)×3.6m(H)
6段栽培棚 6基
21m(D)×1.5m(W)×2.9m(H)
5段栽培棚 8基
設備メーカー <レタス類>
株式会社ニシケン
<レタス類>
株式会社木田屋商店
三進金属工業株式会社
株式会社M式水耕研究所
<ベビーリーフ類>
日本アドバンストアグリ株式会社
<ベビーリーフ類>
株式会社ニシケン
変更設備 蛍光灯・HEFL照明
流量 2L/分
LED照明
流量 12L/分
稼働開始 2013年1月
(2011年6月愛知県でテスト栽培開始)
2020年9月
(2020年7月テスト栽培開始)

豊富な成功・失敗経験で設計をサポート!

これから植物工場を導入しようと計画中のみなさまへ、小林クリエイトの長年のノウハウを失敗談を踏まえご提供します。
成功談だけでは、安定稼働はできません!自信をもって小林クリエイトの失敗談をお伝えします。


  • 10年にわたる運営経験
  • 2品目10種類の栽培実績
  • 3回の移設増床工事実績
  • 4社の栽培設備導入実績


Notice: Trying to get property 'post_title' of non-object in /home/ctc-230148001362/public_html/k-cr.jp/product/libs/sidebar.php on line 6