ユースケース

Case 01
非正規流通品の流通経路を特定

複数の拠点を跨いでいる場合でも個製品のQRを読めば、その製品が通ったすべての拠点が一覧で表示されます。
これにより、横流ししている拠点の割り出しを行うことができるとともに、各出荷拠点の不正な行いへの抑制にもつながります。

非正規流通品の流通経路を特定する

Case 02
返品受入時に製品の真贋を特定

偽造品や並行輸入品が市場に出回っている場合、消費者への偽造品証明が難しく返品を受け入れざるを得ない場合があります。
そんな場合に個製品へシリアルNo.を付与していると、メーカ-様で真贋判定が可能となり、受け入れ時の確認作業を短縮化する事ができます。

返品受入時に製品の真贋を特定する

システムの詳しい説明や料金、デモのご依頼は
お気軽にお問い合わせください