製造現場改善に役立つコラム集

現場改善に役立つ、
ノウハウ・事例・トレンドなどをお届けします。

製造業のコスト削減で見落としがちな
「工場内の3つのムダ」とその削減方法とは

製造業において、日々のコスト削減における改善は非常に重要です。しかし、重要であるからこそ、これまでに様々なコスト削減に取り組まれており、もう削減できるところが見つからないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、製造業のコスト削減で見落としがちな「工場内のムダ」とその削減方法について解説します。

意外と見落としがちな製造業における
工場内の3つのムダとは

製造業におけるコスト削減といえば、原価や人件費、通信費といった支出の削減が真っ先に挙げられます。しかしこのコスト削減の方向性では限界があり、作業効率や品質を維持するのも難しく、生産性の低下につながるリスクがあります。
コスト削減において意外と見落としがちなのが、工場内のムダです。ムダをなくすことで、品質を維持しながら作業の効率化や生産性の向上が可能になります。では、工場内のムダとは具体的にどんなものがあるのでしょうか。本章では、主な工場内のムダを3つご紹介します。

実績データの入力作業に時間がかかる

実績データ入力はいまだに帳票やExcelにて手入力されている企業が多く、データ入力作業にかなりの時間を費やしています。特に紙媒体への入力は、後ほどパソコンでデータの再入力をしなければならないため二度手間であり、ムダであるといえます。手作業のために起こるヒューマンエラーが多いことも作業効率を下げる要因となっています。

品番ごとの検査準備に手間がかかる

検査準備の手間とは、検査仕様書を探す手間と、検査仕様書を検査現場まで持ってくる手間の2つです。検品作業では、検査する品番が変わるたびに検査仕様書も変わるため、品番ごとに検査仕様書を探して持ってくる手間が発生します。また、検査仕様書の準備に抜け・漏れがあった場合は保管場所まで取りに行かなければなりません。

現場作業においてモノを探す時間がかかる

製造業の現場では、状況に応じて製造するべき製品が変わります。それに伴い、工具や検査器具といった備品・物品は工場内を移動します。一時的にモノがなくなるため、作業員は自ら探しに行かなければなりません。置き場所も変動するため、探すのに時間がかかってしまいます。

このようにムダな作業や時間に作業員の工数が使われてしまうため、本来1日にできる業務の量が減ってしまいます。これらのムダなコストを低減することで業務の効率化・生産性の向上が可能になります。

次章では、これらのムダをなくす具体的な方法を紹介します。

製造業における
工場内のムダをなくす具体的な方法とは

本章では、先述した工場内のムダをなくす具体的な方法を3つ紹介します。

音声認識入力技術を導入し、
データ入力を音声認識に変更

データ入力は手入力で行うと時間がかかるだけでなく、入力忘れや入力ミスが発生するリスクがあるため、自動で入力するシステムの導入が効果的です。音声認識入力技術を導入すれば、ハンズフリーでの入力が可能になり、業務の効率化につながります。

音声認識入力技術についての詳細は、以下のリンクからご覧ください。

ペーパーレス化を導入し、検査仕様書のデータ化を実現

紙の仕様書は保管場所から探して現場まで持ってくる必要があるのに対し、デジタル仕様書ならばバーコードやQRコードが付与されている媒体を読み取るだけで仕様書を画面に表示できます。これにより、検査準備や仕様書の管理の手間を削減できます。

検査仕様書のデータ化についての詳細は、以下のリンクからご覧ください。

RFIDを導入し、モノのみえる化を実現

RFIDとは、電波を用いてICタグの情報を非接触で読み取る自動認識技術です。仮置きした製品や備品を探すのに時間がかかっている場合は、RFIDの導入が効果的です。対象物にRFIDを取り付けることで、対象物との距離を把握しながら探すことができます。これにより、探索時間の削減が可能です。

RFIDを用いた探索時間の削減についての詳細は、以下のリンクからご覧ください。

これらの自動認識システムは現場のムダを大きく削減し、生産性向上につなげるものばかりです。しかし、これらのシステムの導入によって本当に現場のムダが改善されるのか、と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、自動認識システム導入による改善事例を次の章で紹介します。

小林クリエイトの自動認識システム導入による
改善事例紹介

先述した音声認識入力技術、検査仕様書のデータ化、RFIDを活用した各企業・現場の改善事例について紹介します。

ある工場の倉庫では、使用期限のある材料が一時保管されており、先に入荷されたものから順番に運び出す必要がありました。しかし、先入先出のルールが属人化していたため、作業者の誤運搬による廃棄ロスが発生していました。 そこで、RFIDを活用し先入先出のシステム化を実施することで、運搬ミスおよび廃棄ロスの削減に成功しました。

また、ある生産現場では精度測定の際、測定と結果の入力の両方を手で行っていたため、作業が煩雑になっていました。そこで、音声による自動入力を導入することで、測定作業を中断する必要がなくなり、従来は60分かかっていた作業時間が約40分まで短縮できました。

以下のページで、生産現場の業務改善について詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

生産現場の業務改善について

検査工程では、該当品番の検査仕様書を探し、検査場に運んでから検査を行なっていました。仕様書は紙で管理されているため探す時間と手間がかかっていることが課題でした。そこで、バーコードスキャナを用いて検査仕様書を画面表示することで、検査仕様書を探す手間を削減できました。

以下のページで、検査工程の業務改善について詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

検査工程の業務改善について

ここまで紹介した事例の詳細については、以下のリンクからダウンロード可能です。製造業のコスト削減に悩んでいる方、自動認識システムに興味のある方はぜひご覧ください。