工程内の車両との連携・輸送資材管理

小林クリエイトは、モノづくり現場における業務改善のスペシャリストです。
受注・調達・生産・出荷の各工程において、
あなたの企業の業務改善を支援する、さまざまなサービスをご用意しています。

お問合せはこちら

車両・輸送資材管理を実践するために工程内の車両との連携・輸送資材管理で求められる2つのポイント

1

管理工数の
低減

2

輸送資材の
トレーサビリティ

「工程内の車両との連携・輸送資材管理」でよくあるお困りごと

検査時に車両からの乗り降りが発生する

車両の検査をする際に検査設備を動かすのに
工数がかかる

通い箱やパレットのような循環輸送資材の
保有数・保有先がわからない

輸送先で紛失している可能性もあり
余分なコストがかかっている

受注・調達・生産・出荷に至るまで各工程における業務改善を実現

工程内の車両との連携・輸送資材管理ソリューション「RFID」

「RFID」で工程内の車両との連携

車両管理として活用する「RFID」は、検査設備との連携や検査実績を
システムと媒体(RFID)で実現します。

「工程内の車両との連携」課題の解決策

お客様の課題
当社サービスでの解決
お客様の課題

車両検査をするときの検査設備の
稼働に工数が掛かる

arrow
当社サービスでの解決

検査設備とデータ連携して
自動制御ができる

RePaX

RePaXは、循環資材をいつ、誰に貸し、どこで、使われているのかを把握し、間接資材の管理を実現するパッケージシステムです。
※エリアによって一部対応ができない場合があります

「輸送資材管理」課題の解決策

お客様の課題
当社サービスでの解決
お客様の課題

通い箱やパレットのような循環輸送資材の
保有数・保有先がわからない

arrow
当社サービスでの解決

資材1個単位から「貸出し」「持出し」をしっかり管理が可能

お客様の課題

輸送先で紛失しているケースもあり
余分な原価がかかっている

arrow
当社サービスでの解決

いつ、誰に(どこに)、
何を貸したのかが分かり、
輸送資材の滞留を防ぎ、原価低減が可能

ご相談・お問い合わせ

業務改善でお困りのことがございましたら、
まずはお気軽にご相談ください。

弊社のプロフェショナルが課題・悩みをヒアリングして、
最適なご提案をさせていただきます。

ご相談・お問い合わせ

ノウハウをもっと知りたい方へ

記事コンテンツ一覧を見る

お役立ち資料で学ぶ

音声認識/RFIDを活用した
現場改善事例

SCM改善活動企業様向けのアイデア集【2021年版】

無料資料ダウンロード

お役立ち資料で学ぶ

製造現場にIoTやIT技術を活用して、
省人化/業務効率化を実現するヒント!

製造現場の省人化/最適化を図りたい方必見!!IoTを活用した現場のみえる化とは?

無料資料ダウンロード