製造現場改善に役立つコラム集

現場改善に役立つ、
ノウハウ・事例・トレンドなどをお届けします。

音声認識技術を活用し、
データ入力作業を改善するメリットとは

IT化が進み、デジタルデータでやりとりすることが当たり前になった今でも、データ入力作業はいまだに人の手で行われていることが多く、改善する余地の多い業務です。本記事では、音声認識技術を活用し、データ入力作業を改善するメリットについて解説します。

手作業でのデータ入力でよくある課題

現場ではさまざまなIT技術を活用し、業務効率化が進められています。しかし、データ入力に関しては帳票やExcelなどへの手入力で行われるケースもあり、作業効率を下げる要因になっています。手作業でのデータ入力における代表的な課題2点を紹介します。

データ入力作業に時間がかかる

紙やExcelを用いる場合、厚み測定や精度測定などの測定作業と測定データの入力を同時に行うことはできません。このため、データ入力のたびに作業を中断しなければならず非効率です。作業とデータ入力を繰り返すことで工数が膨らみ、両方の作業に時間がかかる原因にもなります。また、紙に記録しているデータは転記作業が必¬¬要になるので、二度手間になります。

データの入力ミスが多い

人が手作業でデータを入力する際は毎回作業対象から目を離したり、使用していた道具を置く必要があるため、見間違いや入力間違いなどが発生する可能性があります。こういったヒューマンエラーは作業中のほか、転記や集計の際も同様に起こりえます。また、人手不足の現場では、業務量の多さから作業者の集中力低下がさらなるヒューマンエラーを招くおそれがあります。手作業でデータ入力作業を行う限りヒューマンエラーを避けることはできないため、データ入力作業の後にもダブルチェックをしなければなりません。
このように、紙やExcelによる人手によるデータ入力は、作業時間を削るだけでなくミスが起きる可能性が増加するため、生産性や業務効率を下げる原因になる恐れがあります。そのため、データ入力業務の根本的な改善には、人手を必要としないシステムの構築が不可欠です。

では、上記のようなデータ入力業務における課題はどのように解決すればよいのでしょうか。次章では、音声認識技術を用いたデータ入力を活用するメリットについて紹介します。

音声認識技術を用いた
データ入力を実現することで得られるメリット

上述したようなデータ入力作業の課題は音声認識技術を活用することで解決し、効率化と生産性の向上を図ることができます。音声認識技術の活用による大きなメリットは以下の2つです。

ハンズフリーでの入力が可能となり、
入力する”だけ”の時間を削減できる

音声認識技術を使う方法としてヘッドセットによる音声入力があります。ハンズフリーでの入力が可能となり、データを入力するだけの作業は不要になるので、作業工数の大幅な低減につながります。またハンズフリーになることで作業者の仕様書を現場まで探して持ってきて、記入してから戻すという作業が削減され体力面の負担も軽減でき、作業効率の向上が期待できます。自動入力されたデータの補正・チェックはAIによって行われるため、人はイレギュラーなケースにのみ対応すればよくなるため、データ入力にかかる時間は大幅に削減されます。

作業を中断せず入力できるため、
入力ミスを低減できる

音声による自動入力を用いることで、作業を中断せずにデータを入力できます。そのため、目視によるデータの確認とデータ入力を同時に行うことが可能になるので、見間違いや入力ミスといったヒューマンエラーを低減できます。また、データ入力のための紙や携帯端末を用意する必要もなくなるので、コスト低減につながります。

このような音声認識技術を含め、製造過程のあらゆる業務の効率化や生産性向上の解決策を提供しているのが、小林クリエイトです。

業務効率化・生産性向上のご相談は
「小林クリエイト」まで

小林クリエイトは、音声認識やRFID、QRコードなどの自動認識技術による業務効率化・生産性向上に関する幅広いソリューションを提供している、モノづくり現場における業務改善のプロフェッショナルです。コスト削減や作業工数低減、品質向上などの豊富なノウハウをもち、メーカーにとらわれない幅広い領域・受注から出荷まであらゆる工程の業務改善を支援しています。加えて、製造業のみならず物流、医療、セキュリティ、マーケティングなど、あらゆる分野での課題解決にも携わっています。
また、同社が運営するソリューションサイト「Factoridge」では、業務改善に関する相談を受け付けており、あらゆる現場改善に役立つノウハウや事例をまとめた記事の閲覧も可能です。

音声認識技術を用いた業務改善にご興味を持たれた方は、ぜひ以下の資料をダウンロードしてみてください。