製造現場改善に役立つコラム集

現場改善に役立つ、
ノウハウ・事例・トレンドなどをお届けします。

製造業で
クラウドの利用が広がっている理由とは

製造業では、 IoTソリューションとしてクラウドサービスを利用するケースが広がっています。この記事を読んでいる方の中にも、 IoTやクラウドの導入を検討している方も少なくないのではないでしょうか。今回は、製造業でなぜクラウドサービスの利用が広がっているのか、その理由について解説します。クラウドの活用によるメリットも取り上げているため、検討段階にある方はぜひ参考にしてください。

生産性の向上に不可欠なデータ活用

生産性向上や高品質のサービス提供を目指し、あらゆる分野や市場でIoT(モノのインターネット)の活用が進められています。そのなかでも、幅広い効果が期待できるとされているのが、工場などの製造現場です。さまざまな機器や設備などをIoT化してデータを収集・活用することで、生産現場をみえる化し、最適化できるとして注目されています。

具体的には、工場内の設備によって生成するデータを収集して分析・活用することで、良い製品を作れるようになることはもちろん、ユーザーにとって付加価値のある製品の製造にもつながります。

また、製造業の生産性向上のためにはIoT化が重要な役割を果たすため、データ活用の検討をしている企業は少なくありません。一方で、現状のデータ活用には様々な課題があり、IoTの活用が十分に進められていないケースも見られます。続いては製造業の抱える課題について解説します。

製造業が抱えるデータ活用の課題

データ活用を目指す製造業者が多い一方で、データ活用にはさまざまな課題があり、活用を難しいものにしています。ここでは、製造業がデータ活用を行う際の課題について解説します。

外部のデータが収集できない

データ収集を行う環境がオンプレミスである場合、社内ネットワークにつながっていなければ使用することができません。オンプレミスとは、サーバーなどの情報システムを自社内に機器を設置して利用することです。社内での使用を前提としているため、社内ネットワークにつながっていない外部のデータ収集ができないという課題があります。外部データの収集・活用のためには社内に限定されない環境を整備する必要があります。

オンプレミスでは、データ蓄積に限界がある

近年では、製造業界でも過去のデータを分析し、QCD( Quality :品質、 Cost :コスト、 Delivery :納期)の改善に活用することが多くなってきているため、データの収集・保管は欠かせません。しかし、オンプレミスだと保存容量の限界が発生する度に、データ削除・保存容量の拡張などを検討しなくてはいけなくなるため、日々収集される膨大な量のデータに対応できなくなります。データ蓄積にあたっては、保存容量を自由に増やせるなど柔軟性が必要とされます。

運用にコストがかかる

セキュリティ面の懸念から、オンプレミス環境でデータ管理を続けている企業も少なくありません。一方で、オンプレミスでは、全ての管理を自社で行わなければならず、管理者が必要となります。また、サーバーの管理・運用・保守にもコストがかかるため、どうしても運用コストは高額になってしまいがちです

製造現場でクラウドを利用するメリット

ここでは、製造現場でクラウドサービスを利用することで得られる具体的なメリットを紹介します。先ほど紹介した課題も、クラウドサービスであれば解決できるため、IoTを活用したい方はぜひ参考にしてください。

インターネットに接続していれば外部のデータも収集できる

クラウドサービスは、インターネットに接続できる環境さえあれば利用できます。そのため、クラウドサービスを利用することで、社内インターネットに接続していない協力会社のデータなども収集可能です。幅広いデータ収集ができるようになるため、データの質も向上すると考えられます。

過去のデータも適切なタイミングで取り出せる

オンプレミスでは、部門ごとにファイルサーバーが分散していることもあり、横断的にデータを検索することは簡単ではありません。
一方でクラウドサービスであれば、必要に応じて容量の増減ができるほか、端末やネットワークに関係なくサービスを利用できるため、データの分散といった事が起こりません。検索性にも優れているため、必要なデータは即座に見つけ出すことも可能です。

初期投資、維持費が安価

クラウドサービスは、導入コストが安価な傾向にあります。オンプレミス製品の場合、サーバー管理や保守契約、管理者を設置することに伴う人件費など、初期費用や維持管理コストなどさまざまな面でコストがかかってしまうため、企業によっては導入できないケースも少なくありません。クラウドサービスは、自社に機器を設置する必要がないため、導入や運用のためのコストが抑えられることから、コスト削減が期待できます。

またクラウドサービスは、ひとまずやってみるといった使い方が可能です。一定の契約期間を前提としたサブスクリプション契約モデルが主流であるためです。しかし、契約条件はサービスを提供する企業によって異なる部分もあるため、例えば、3ヶ月だけ使ってみて、そのうえで継続するか判断するといった利用を試みる方法もあります。また、月額費用が決まっているため予算計画も立てやすい点も特徴です。

データ管理、トータルコストが安価になり
利用が進んでいる

製造業の生産性向上や高品質な製品の製造にはIoTの導入によるデータの蓄積・活用が非常に重要です。オンプレミスの環境でデータ蓄積を行うと、外部データの収集が難しく、また蓄積できる容量にも限りがあるため、十分なデータ収集を行えます。またオンプレミスとクラウドにおいて、トータルコストを比較しても、クラウドの方がコストを低くして運用できるメリットもあり、今後さらに活用が進んでいくことが考えられるでしょう。

今回は製造業においてクラウドの利用が広がっている理由についてご紹介しました。
このように、小林クリエイトでは製造業や自動車部品メーカーなどに向けてさまざまなソリューション、お役立ち情報をご提供しています。
製造業の環境に合わせたサービスの提供ができるほか、各企業に役立つ情報の発信も行っているため、リードタイムの短縮を図りたい、品質の向上、ミスの防止を図りたいとお考えの方は、ぜひ以下のお役立ち資料をご覧いただき、貴社の改善にお役立てください。