製造現場改善に役立つコラム集

現場改善に役立つ、
ノウハウ・事例・トレンドなどをお届けします。

RFIDで実現する、物流現場のIoT化とは?

近年、ECの急速な普及に伴い物流業界の競争は激化していますが、依然として人手不足が問題となっています。そんな中、IoT化が物流現場の業務効率化や生産性向上に寄与するとして注目されています。本記事では、RFIDで実現する物流現場のIoTについてご紹介します。

RFIDによる物流現場のIoT化とは

IoTとは「モノのインターネット」と言われており、これまでインターネットに繋がっていなかったあらゆる物をインターネットに繋げることをいいます。
人手作業の多い物流現場でもRFIDを活用したIoT化に注目が集まっています。

RFIDは代表的なIoT化を行う方法であり、バーコードやQRコードのように情報を格納する「RFタグ・ラベル」を専用の機械で読み取るシステムです。
RFタグ・ラベルは微弱な電波を発しており、専用のリーダーを用いることである程度距離があっても複数のモノが読み取れます

このようなRFIDによる物流現場のIoT化は、以下3つのみえる化が実現できます。

物流資材のみえる化

荷物そのものにはコードがあっても、それらを運ぶパレットやカゴ車、通い箱といった物流資材にはつけられておらず、どこに運ばれたかわからなくなることがあります。

RFIDの導入により、RFタグ・ラベルをパレットやカゴ車などの物流資材に取り付けることで、物流資材がどこにあるかをリアルタイムで確認でき、作業の効率化が期待できます

物流資材の管理でよくあるトラブルの原因とその対策方法については、以下リンクの記事にてご紹介していますので、あわせてご覧ください。

配送状況のみえる化

所在情報のなかでも、トラックの積載以降は配送状況がブラックボックス化しやすく、管理を徹底することは難しくなっています。

RFタグ・ラベルを取り付けることによって物流センターから注文者の手元に届くまでの位置や温度変化といった状況の詳細が確認できます。拠点に到着した際の積み直しや荷下ろしによる配送ミスを防ぐことにもつながります。

在庫状況のみえる化

商品や通い箱にRFタグ・ラベルを取り付けることで、ある程度距離があっても複数の荷物の情報を一度に読み取れます。これにより商品1つひとつを取り出したり、近づいて確認したりする必要がなくなり、在庫確認の作業時間が大幅に短縮できます。
また、商品を読み取った際に在庫数が適正数を下回った場合は自動的に通知することができ、在庫状況の管理工数を削減します。

RFIDによる物流現場のIoT化が求められている3つの理由

なぜRFIDによる物流現場のIoT化が求められているのでしょうか。主な理由は以下3つです。

理由①:
作業に要する時間(工数・手間)を削減したい

物流現場では、物流資材の所在特定および配送状況の確認を人の手で行っているため作業に時間がかかり、ヒューマンエラーが発生した場合は余分な工数が必要になります。

IoT化によって資材や商品の状況がリアルタイムに確認できるようになれば、作業に要する時間およびムダを削減できます。

理由②:作業の効率化を図りたい

物流業界は長時間労働・低賃金と言われ、かねてから人手不足が課題です。人が集まりづらい職種だからこそ、最小人数での効率向上の工夫が求められています。

IoT化が実現すれば、商品および物流資材の置き場や状況をリアルタイムかつどこでも簡単に確認できるため、少ない人数でも効率よく作業できます。

理由③:物流現場にかかるコストを削減したい

近年、最低賃金の水準が年々上昇しており、コスト削減は喫緊の課題です。

RFIDによるIoT化で作業内容を確認できるようにすれば、作業プロセスにおけるムダや改善点を見つけやすくなります。最少人数での効率性の底上げや作業内容の改善が恒常的に行えるようになり、中長期的なコスト削減につながります。

RFIDによる物流現場のIoT化なら
小林クリエイトにお任せください!

小林クリエイトは物流現場のIoT化を含め、さまざまなIT技術による現場改善のプロフェッショナルです。中でもRFタグの取り扱いは多岐にわたり、通常のRFタグでは使用できないような環境・条件で使用したい、商品を傷つけにくいRFタグがほしいといったさまざまなニーズに沿ったご提案ができます。

たとえば、製品箱やパレットなどの大量な物流資材には、被着体に取り付けが容易であり、表面に目視情報が付加できる「低価格UHF帯RFラベル」 、金属部品に取り付ける際には、金属に取り付けても正常に作動し、100度以上の高温環境に適応した「耐熱金属対応RFタグ 」などさまざまなニーズに対応できるRFタグ・ラベル を小林クリエイトでは取り揃えています。

また、自動認識技術や資材管理システムなどのRFIDを利用したソリューションも取り扱っており、RFIDの活用や運用までサポートしています。

IoT化について以下のお役立ち資料で詳しく説明しています。物流現場の改善に課題を感じている方、RFIDやIoTについてご興味のある方はぜひご覧ください。