アグリ事業このページを印刷する

「食の安心・安全」と
「おいしい野菜作り」へのチャレンジ

植物工場で無農薬の新鮮な野菜を毎日生産することで、食の安心・安全に関わっていきます。

アグリ事業について

今、社会ではさまざまな問題が混在していますが、その中でも「食と農」の問題は私たちの毎日の生活に大きく関わっています。そこで小林クリエイトでも安心・安全な食作りに何か貢献できないかと考え、私たちが持つ資源を活用し植物工場を始めることにいたしました。

まず手がけたのは安全な野菜作りへの取り組みです。平成23年に愛知県の安城工場にて機能性野菜である「ツブリナ(アイスプラント)」の栽培を手がけました(現在は生産を中止しています)。そこでこの間に蓄えた栽培のノウハウを活かし、平成25年からはより多くの方に安心かつ新鮮なおいしい野菜を召し上がっていただくために、新たに静岡県の富士ベジ工房にて「レタス」と「ベビーリーフ」の栽培を開始しています。

また愛知県に本社を置きます小林クリエイトは、長年自動車製造を中心とする工業系製造業関連の企業様に対し、現場の生産物流情報に関する業務改善提案に取り組んでまいりました。この経験を活かし、農業での生育管理や作業管理を支援する農業向け情報管理システム(agis:エイジス)を開発しました。agisは自社の植物工場の管理でも活用し、少人数での製造・出荷品質の作り込みを実現しています。

今後は、コンピュータシステムや関連サプライ品だけでなく、栽培プラントや栽培ノウハウを含めてご提案し、医療・福祉・地域と連携したアグリ事業を展開し、食の安全に貢献してまいります。

植物工場の紹介

どのように野菜を栽培しているかをご案内します。

・栽培方法の特色
・栽培工程の紹介
・小林クリエイトの植物工場

植物工場の紹介

富士ベジ工房の野菜を紹介

現在栽培している野菜とその美味しさの秘密をご案内します。

・栽培品目

  • フリルリーフ
  • オーロラリーフ
  • コーラルリーフ
  • サラダ菜
  • グリーンリーフ
  • ベビーリーフ

富士ベジ工房の野菜を紹介

農業向け情報管理システムの紹介

従来、手作業・勘コツで行っている植物の生育状況の管理や圃場作業の進捗管理を二次元コード又はRFIDを用いた自動認識技術で簡単・正確に収集・照会・分析できます。

agis(エイジス)生育管理システム

農業向け情報管理システムの紹介

お問い合わせ