製造現場改善に役立つコラム集

現場改善に役立つ、
ノウハウ・事例・トレンドなどをお届けします。

出荷業務のムダを省くヒント

製造業における出荷作業を効率化するためには、工程別の課題を把握したうえで適切な解決策を打ち出すことが重要です。本記事では出荷業務によくある課題を工程別に紹介し、それぞれの作業を効率化する方法について解説します。

製造業における出荷業務の課題

製造業における出荷業務は主に「ピッキング作業」「検品作業」「梱包作業」の3工程に分類されます。
本章では、出荷業務の工程別によくある課題について紹介します。

ピッキング作業の課題

ピッキング作業では、受注伝票や出荷伝票などの出荷指示に対して正確な商品を在庫から選び出す必要があります。作業者は多種多様な商品を広い倉庫の中から選び、運び出さなければなりません。

ここで課題となりやすいのは、「商品を探すのに時間がかかる」ことです。
伝票の内容ごとに取り出す商品の数や種類が異なり、作業者は都度保管場所から正確な商品選び出さなければならないため、どうしても時間がかかってしまいます。

検品作業の課題

続いては検品作業によくある課題について紹介します。製造業での検品作業では、出荷する前の商品に不具合が無いかを検査仕様書をもとに検査します。

ここで課題となりやすいのは「検査仕様書を探すのに時間がかかる」ことです。検査仕様書は紙で保管されている場合が多く、作業者は検品の度に膨大にある紙の検査仕様書から該当の検査仕様書を見つけなければなりません。そのため、検査仕様書を取りに行く移動時間や該当の製品の検査仕様書を探す時間と手間がかかってしまいます。

梱包作業の課題

梱包作業では製品を梱包資材に包み段ボールなどに詰め、配送可能な状態にする必要があります。
ここで課題となるのは「梱包資材の選定・取り出しに時間がかかる」ことです。種類やサイズの異なる多種多様な製品を扱う製造業では、適した梱包資材も様々な種類に分かれています。
そのため、数多くある梱包資材から適正な梱包資材を選び出す時間や運搬にかかる時間が課題になります。

加えて、これらの出荷業務は人手に依存する割合が高いため、ヒューマンエラーの多さも共通した課題となっています。

次章では、本章で解説した出荷業務の課題を解決する方法について紹介します。

作業別解決策

商品を探す時間、検査仕様書を探す時間、梱包資材の選定・取り出し時間など、前章では出荷業務における課題について紹介しました。本章では工程別にこれらの課題を解決する方法について解説します。

ピッキング作業を効率化する方法

作業指示に対して正確な商品を運び出さなければならないピッキング業では、商品を探す手間と時間が課題となっていました。

ピッキングの課題の解消にはハンディーターミナルや音声認識(音声指示)の導入が有効です。
従来は作業者の記憶に頼り、商品の保管場所に移動していました。そこで、事前に商品と場所をシステムに登録し、受注伝票や出荷伝票にバーコードを記載しておけば、作業者はバーコードを読み取るだけで商品と保管場所を瞬時に把握できるため、移動時間を短縮することができます。
また、ピッキング時にも商品のバーコードを読み込ませることでピッキングミスの低減も実現できます。

もう1つの解決法は音声認識の導入です。
音声認識では作業者はヘッドセットから正確な作業指示を受け取れるため、商品がどこにあるかわからないといった時間を削減することができます。また、音声での実績入力ができるため実績を作成する時間も短縮することができます。

検品作業を効率化する方法

検品作業で課題となっているのは紙の検査仕様書探すのに時間と手間がかかってしまっていることです。
この課題を解決するためには紙ベースの検査仕様書をデータ化する方法が有効です。

検査仕様書をすべてデータとして管理できれば、作業者はデータが管理されている PC に検査する商品の名称や品番などを入力するだけで該当の検査仕様書を表示できるため、探しにいく時間を大幅に削減できます。

梱包作業を効率化する方法

梱包作業を効率化するためには、適切な梱包資材を迅速に選び出せる環境を整備する必要があります。
たとえば、ピッキング作業の効率化の方法としても紹介したような、ハンディーターミナルを用いた効率化が考えられます。

作業者がハンディーターミナルを用いて製品情報が入ったバーコードで読取することで、必要な梱包資材情報と保管場所を画面にされるため、梱包資材の取り出しにかかる時間を低減できます。
また、保管場所の梱包資材のバーコードを照合すれば、梱包資材の選定ミスも削減することができます。

まとめ

今回は出荷業務によくある課題と解決策を工程別でご紹介しました。
弊社、小林クリエイトでは製造物流系産業で培ったノウハウを活かし、お客様の倉庫管理業務の効率化の実現をサポートできます。

出荷業務に課題を感じている方は是非お問い合わせください。