製造現場改善に役立つコラム集

現場改善に役立つ、
ノウハウ・事例・トレンドなどをお届けします。

品質向上につながる!
製造業のトレーサビリティ実践法

製造業が事業を展開するうえで重要となるのがトレーサビリティです。この記事では、トレーサビリティの概要から、注目されている背景、さらには具体的な実践法について解説します。自社製品の品質向上や顧客満足度の向上を目指している製造業の担当者、トレーサビリティの効果についてイマイチ理解できていないといったご担当者様は、ぜひ参考にしてみてください。

トレーサビリティとは?

トレーサビリティとは、商品の生産から消費に至るまでの全ての過程を追跡することを意味する言葉です。「trace(追跡)」と「ability(能力)」という2つの言葉を掛け合わせた造語であり、日本語にすると追跡可能性と訳すことができます。日本では、自動車メーカーや電子部品メーカー、システム開発会社、食品メーカー、医薬品メーカー、運送業などあらゆる業界がトレーサビリティに取り組んでいます。

では、実際に企業がトレーサビリティに取り組むことによってどのような効果が得られるのでしょうか。

具体的な例としては、製品に対するリスク管理の強化が挙げられます。トレーサビリティに取り組むことで、自社製品の流通に関する情報はもちろん、製造者や仕入元、販売元などの取引履歴までが詳しく把握できるため、万が一トラブルが発生しても、どの段階でトラブルが起こっているのか、といった原因の特定が行いやすくなります

また、原材料などの調達から加工、組み立て、流通、販売まで、流通における全ての過程を把握することも可能なため、トレーサビリティは製品の品質向上にもつながります。流通の上流や下流だけでなく、中間過程についても把握でき、中間過程の責任の所在が明確になるため、現場の意識向上につながり、結果として品質の向上にもつながると考えられます。

さらに、顧客満足度の向上もトレーサビリティによる効果の1つです。消費者の中には、製品がどのような経路で自分のもとに来ているのか気にしている人も少なくありません。そういったときにトレーサビリティによって、生産元や製造元が明確になれば、安心感を持って購入でき、顧客満足度の向上にもつながります。

そのほかにも、自社に対する信頼度の向上も期待できます。企業がトレーサビリティを実施することは、安心・安全に対する配慮を行っている証明となるためです。

このように、トレーサビリティの導入によって得られる効果は決して少なくありません。そんなトレーサビリティは、製造業でも注目を集めています。

製造業でトレーサビリティが注目される理由

近年、製造業の中でもトレーサビリティに注目している企業は増加傾向にあります。注目を集める理由として挙げられるのが、「万が一のリコールが発生したときに備える」、というものです。

自社製品で事故が発生した場合、製品や部品の無償交換を行う「リコール」をする必要があります。一方で、リコールを行う場合、対象となる製品がどこにあるのか可能な限り特定することが重要です。トレーサビリティに取り組むことで、対象となる製品を早期に特定しやすくなります。

また、トレーサビリティは、「誰が」「どの過程で」「どれだけ作業したのか」といった作業実績の情報収集にも活用できるため、リコール対策だけでなく、業務効率化を目的として導入する企業もみられます。

このように、製造業でトレーサビリティが注目される背景には、リスク対策に加え業務効率の向上といった目的があるといえます。

製造業におけるトレーサビリティ実践法

トレーサビリティを実際に導入するためには、データの収集が不可欠であるため、バーコードやRFIDが利用されるのが一般的です。人やものの識別を自動的に行うことを自動認識(AUTO-ID)と言いますが、その中でも、無線を活用した自動認識システムのことをRFID(Radio Frequency Identification)と呼びます。

RFIDでは、RFタグに記録された情報を、リーダライタやハンディターミナルと呼ばれる機器を使用することで読込むことが可能です。また、RFIDはバーコードと異なり、汚れに強く、無線が届く範囲内であれば、データの書き込みや読込みもできるといったメリットがあります。

また、RFIDを活用すれば業務コストを低減することも可能になります。
こちらについては事例と共に以下に詳しく記載しております。
関連記事:【原価低減活動実践企業必見】RFIDを活用したコスト低減事例の紹介

実際に私たちの日常生活においても、RFIDの特徴を活用した、様々なアプリケーションが存在しています。
例えば、駅の改札で使用する交通系ICカードはRFタグを使用しており、カード内の情報を読込むことによって改札のコントロールを行っています。また、カードへのチャージ情報の保存を行うことも可能です。
そのほかにも、食堂などで利用される無人の自動精算や店舗における商品管理などにもRFIDが使用されています。

では、実際に製造業でRFタグを用いたトレーサビリティを実践するにはどうすればいいのでしょうか。具体的には以下のような形で実践することができます。

ユニークキーを書き込んだRFタグと原材料を生産ラインに流し、生産~出荷までの各過程でRFタグの読取りを実施します。読取られたデータは管理用PCへ集約され、集約されたデータからは生産から出荷までの各過程で「いつ・誰が生産し・出荷したか」などの情報を把握することができます。

このような形でトレーサビリティを実施すれば、上流から中間過程を経て下流まで、抜け漏れなく情報を把握することができます。

まとめ

今回は、トレーサビリティの概要から導入によって得られる効果、さらには製造業がトレーサビリティを実践する方法などについて解説しました。製造業が、トレーサビリティを導入することによって、効率的かつ確実な追跡と遡及が可能になります。また、それに伴い業務負荷の低減にもつながるため、業務効率化や従業員満足度の向上にもつながります。

トレーサビリティの実現には情報の一元管理が非常に重要です。トレーサビリティ導入のご相談は、製造物流系産業で蓄積して来たノウハウを活用して、企業に応じたシステムやメディアの提案を行う小林クリエイトにご連絡ください。

お問い合わせはこちら