製造現場改善に役立つコラム集

現場改善に役立つ、
ノウハウ・事例・トレンドなどをお届けします。

製造業における品質管理のポイント3選

製造業においては、顧客が求める製品の品質を担保しつつ決められた納期で納品することが求められます。
確かな品質管理をするためには「工程管理」「品質検証」「品質改善」の3つの取り組みをそれぞれ適切な方法で改善していく必要があります。本書では品質管理の重要性と改善ポイントについて紹介します。

製造業における品質管理の重要性

品質管理は「工程管理」「品質検査」「品質改善」の3つの取り組みを通じた管理のことです。製造業において納期通りに確かな品質の製品を納入するため、これらの取り組みを通じた品質管理が非常に重要となります。

ここでは、3つの取り組みごとのポイントと改善方法について紹介します。

品質管理のポイント ① 工程管理

工程管理では製造工程の全ての流れを管理し、納入遅延なく安定的に製品をつくり続けられるようにする必要があります。
ここでは、工程管理業務の工数低減について紹介します。

作業手順のマニュアル化でヒューマンエラーを低減

1つの部品の納入遅延が全体の納期に影響を及ぼすこともある製造業においては、顧客が求める製品を期日までに納入することが非常に重要です。

遅延無く、納入するためにもまずは、作業手順のマニュアル化に取り組む必要があります。作業手順がマニュアル化されていない場合、作業者ごとに品質や作業時間にばらつきが生まれたり、ケアレスミスの発生にもつながったりする可能性があります。
作業手順書の作成やノウハウの共有を実施することで、生産スピード・品質を一定に保ちながら、ヒューマンエラーを低減することができます。

工数低減を行い生産性の向上を図る

納期通りに製品を納入するためには上述のようなマニュアル化による作業の標準化が重要となりますが、その他にも工数低減による生産性の向上を図ることも重要となってきます。

生産性向上を図るためには、まず現場でどのような課題があるのかを洗い出す必要があります。
例えば、検査仕様書や梱包仕様書など紙にまつわる業務に時間がかかっているケースや、入荷または工程間で仮置きした製品を探すのに時間がかかるなど探索にまつわる課題などが挙げられます。

紙の仕様書が現場課題となっているケースでは、ペーパーレス化もかねた検査仕様書の一元管理ができるようなシステムを導入することで解決できます。また、入出荷工程で製品を探すのに時間がかかっている場合は、RFIDを活用した探索時間を低減するソリューションを導入することで解決を図ることができます。

FIDを活用で課題を解決し、作業工数やコストの低減に成功した事例を知りたい方はこちらもご覧ください。

RFIDを活用したコスト低減事例の紹介

リ―ドタイム短縮を実行し仕掛品在庫低減を図る

納入遅延を発生させないためにも、仕掛在庫を途切れさせるわけにはいきません。しかし、過剰在庫になれば管理費用や長期保存による品質の劣化などのリスクが発生してしまいます。

すなわち、このようなリスクを発生させないためにも、以下2点の管理が重要となります。
①リードタイムの短縮を行うことで仕掛品在庫の低減を行う
②適正な仕掛在庫を把握するために仕掛品在庫のみえる化を行う

IoTを活用した作業実績のみえる化のメリットとその方法についてご興味がある方は、ぜひこちらもご覧ください。

関連記事:製造現場が注目するIoTと「みえる化」とは?生産性向上に欠かせない理由

品質管理のポイント ② 品質検証

品質管理のポイントの2つ目は品質検証です。各工程がしっかりと機能しているかを検証する必要があります。
ここでは、品質検証を効率化する方法について紹介します。

製造時に発生する不良を減らし、
品質の維持管理を行う

不良品を納入してしまえば、企業としての信頼を損なう可能性があることから、高い基準を持って品質を検証していくことが求められます。

しかし、品質の維持管理を人手で行っている場合、ヒューマンエラーでチェック漏れやミスが発生してしまうことがあります。
そのため、AI画像解析を用いた品質チェックやRFタグを用いた使用期限切れ原料を検知するシステムの導入など、ヒューマンエラーが起こりくい環境を整備していくことが重要です。

システムの導入によりヒューマンエラーによるチェック漏れやミスが発生を減らす方法のポイントについてはこちらもご覧ください。

関連記事:誤品を減らす生産管理のポイントはバーコードにあり!?

品質管理のポイント ③ 品質改善

品質検証によって不良品が発見された場合、再発防止の改善をする必要があります。
また、発生した不良品だけでなく、将来発生するかもしれないリスクへの未然防止の改善も同時に行う必要があります。

ここでは、品質改善をどのように効率化していけば良いのかについて紹介します。

多能工化を行い作業者の技能レベルUPを図る

1人の作業者が1つの工程を担当する単能工では、1つの工程で1人の従業員に業務負荷が集中してしまうことや、イレギュラーに見舞われてしまった際の対応が難しいなどの問題点があります。

これらを解消するためには、1人で複数の工程や業務をこなせる「多能工化」を進めていく必要があります。多能工化を実現するためには、業務内容の洗い出し・業務のみえる化・業務のローテーションなどの育成計画を立案し、実行していく必要があります。

生産現場のムリ・ムダ・ムラの問題点を洗い出し

多能工化を実現するためのプロセスとして、業務内容の洗い出しや業務のみえる化を紹介しましたが、これらを実施することで、生産現場のムリ・ムダ・ムラの問題点を洗い出し、管理・改善活動を展開することが可能となります。

生産現場の課題を洗い出し、ムリ・ムダ・ムラを改善することで、生産性や品質の向上など、さまざまなメリットを得ることができます。品質改善における検査業務では、ハンディーターミナルや音声認識を用いた検査業務の自動化などが有効であると考えられます

こちらの資料では、検査業務の自動化によるメリットを事例と共に紹介しておりますので、ぜひご参考ください。

関連お役立ち資料:音声認識/RFIDを活用した現場改善事例

まとめ

いかがでしたでしょうか。品質管理を効率化するためには、現場業務のみえる化や効率化などさまざまな方法で改善をしていく必要があることを紹介しました。

みえる化や現場課題の洗い出しは簡単に実施できるものではないため、専門家によるサポートを受けながら実施していくことも重要です。

小林クリエイトは、創業から80有余年、自動車業界をはじめとした製造業において、業務効率化やコスト低減などに繋がる現場改善のサポートや品質管理の効率化のサポートをご提供しています。
品質管理を効率化したいとお考えの方は是非お問い合わせください。
また、今回のような、製造現場でよくある課題に対するお役立ち資料をご用意いたしましたので、以下のようなお悩みを抱えている方はぜひ資料をご覧いただき、貴社の改善策にお役立てください。

✓ リードタイムの管理・短縮を図りたい
✓ 業務効率化を進めたい
✓ IoT化を検討したい